夏井いつきは愛媛県出身の俳人である。京都女子大学文学部国文科を卒業すると、松山市立余土中学校に国語科教諭として赴任。この教師の頃から趣味として俳句を詠んでいた。そして1988年になると教職の道は捨て、一転俳人となり活動を開始。「白葱のひかりの棒をいま刻む」や「一の橋二の橋ほたるふぶきけり」の代表作で知られる黒田杏子に師事し、松山を拠点に修練を積むことに。1997年に俳句集団 いつき組を設立し組長に就任。このいつき組では全国各地で俳句ライブを開催している。夏井いつきは今やその名がすっかり全国区になり、俳句界に大きく貢献する人物として知られるように。現在は様々な場所でイベントを開催し、俳句の世界をより広めるよう精力的に活動している。

夏井いつきの日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

夏井いつきの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

夏井いつきのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 00:00更新)

夏井いつきについて

夏井いつきの魅力とは

夏井いつきは俳人として全国でその名が知られる人物である。1997年に設立した俳句集団 いつき組では小学校から高校を対象とした俳句教室を開催している。2013年にはTBS系のバラエティ番組「プレバト!!」に出演。この中の人気コーナー 才能査定ランキングでは芸能人の詠む俳句を査定し、才能があるかないかを発表。この時の歯に衣着せぬ毒舌が人気を博し、現代の俳人でありながら全国にその名が知られることとなった。この他にもNHKの「天才てれびくんMAX」や「NHK俳句」、ラジオ番組「夏井いつきの一句一遊」などに出演している。これら俳句への注目に大きく貢献した夏井いつきは2015年に俳都松山大使に就任。正岡子規の生まれた松山から俳句の風を絶やさず起こし続けることを宣言する「俳都松山宣言」を全国に発信している。

「それ行けミーハー吟行隊」や「100年俳句計画」、「夏井いつきの美しき、季節と日本語」など数多くの著書も出版しており、これまでに第8回俳壇賞、第5回中新田俳句大賞、NHK四国ふれあい文化賞などを受賞している。また全国各地において俳句ライブを開催しており、数百人の動員でどこの会場も盛況となる人気ぶりだ。

夏井いつきが好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す