「魔法少女 なりあ がーるず」は2016年よりスタートした生放送のアニメーションシリーズである。放送作家、脚本家として知られる石ダテコー太郎が役員を務める株式会社バウンスィのメンバーが全員参加し制作。慣性式モーションキャプチャー「KiLA」(きぐるみライブアニメーター)を使用しリアルタイムでアニメーションを制作していく。この制作模様はニコニコ生放送の「なりあ☆がーるずの生でアニメをつくるさま」で放送。石ダテコー太郎が登場人物である少女達に演出を付けながらそれを生で収録。ここで撮影されたアニメーションは2日間で編集され、後日地上波、MXTVなどで放送。これが「魔法少女 なりあ がーるず」となっている。

魔法少女 なりあ がーるずの日程

7人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

魔法少女 なりあ がーるずの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

魔法少女 なりあ がーるずのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 12:00更新)

魔法少女 なりあ がーるずについて

魔法少女 なりあ がーるずの魅力とは

慣性式モーションキャプチャー「KiLA」(きぐるみライブアニメーター)を使用しリアルタイムでアニメーションを制作していく「魔法少女 なりあ がーるず」。
声優主導の短編CGアニメーションというと森りょういちの「Peeping Life」を思い浮かべるが、あちらはモーションを後から手付けしていて、「魔法少女 なりあ がーるず」はモーションキャプチャーということになる。この制作模様はニコニコ生放送の「なりあ☆がーるずの生でアニメをつくるさま」で放送された。
石ダテコー太郎が、登場人物である少女達に演出を付けながらそれを生で収録。全てがアニメーションで表現されるので架空の映画撮影を見ているような形になっている。撮影されたアニメーションはわずか2日間で編集作業を終えて、後日地上波やMXTVなどで放送される。
登場人物はピンクの髪のうらら、金髪ツインテールのはなび、黒髪のいなほ。
アニまるの声は石ダテコー太郎が担当している。謎の生物アニまるに自分達の世界を助けて欲しいといわれる夢を見るうらら達3人。その彼女たちの前に突如怪人が出現し、アニまるから変身アイテムを渡された3人が伝説の戦士なりあ☆がーるずに変身し戦うことになって行く。

魔法少女 なりあ がーるずが好きな方はこんなチケットもおすすめ