なにわ芸術祭とは関西地方の上方の方でおこなわれる芸術祭である。この芸術祭は産経新聞が1964年に創設した祭りで、年配の人だけではなく若い人も楽しめる芸術祭とも言える。また、ここでおこなわれるジャンルの一つとして落語があるのだが、落語といえば近年若い人に人気を集めていることで話題。今までの客層としては年配が多かったが、現在では「落語女子」と呼ばれる若い女性たちが増えているのだ。こういった傾向から、なにわ芸術祭は若い人たちの来場も多いと考えられるだろう。新人芸術家の登竜門と呼ばれているなにわ芸術祭、落語以外にも様々なジャンルの芸術家たちが集まるこのイベントにぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

なにわ芸術祭の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

なにわ芸術祭について

なにわ芸術祭の魅力とは

落語・クラシック音楽・日本舞踊・洋舞・ジャズなどの5つの芸術を一度で見ることができるのがなにわ芸術祭だ。このなにわ芸術祭で見られる芸術の一つ、落語では、大御所だけではなく若手や中堅も出場するため若手と大御所の違いや魅力などが楽しめる。そして開催時に毎年行われるこのイベントは、現在では芸術家たちの登竜門と呼ばれるほどのイベントとなっている。ここで新人賞を受賞した者は多く、一度で10人以上の新人芸術家たちが受賞している。

どの公演も素晴らしいものなのだが、中でも人気の公演といえば落語部門の「上方落語名人会」である。上方落語の最高峯と言われるベテラン落語家たちによる公演は一見の価値ありだ。見られそうでなかなか見ることがない公演には多くの観客が集まる。他の部門での公演も素晴らしいものばかりで、「全日本洋舞協会合同公演」もおすすめの一つである。こちらはバレエなどのジャンルを超えた迫力ある舞台となっており、ダンスなどに興味のある人にとっては非常に楽しめることだろう。ぜひこの公演を見て、日本の芸術の素晴らしさを感じてもらいたい。

なにわ芸術祭が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す