阿部顕嵐 主演 舞台 何者取扱中!舞台 何者は、作家の朝井リョウによる直木賞受賞作品が原作の舞台である。2016年10月に佐藤健主演で映画化され、話題となった本作品を2017年11月に初めて舞台化する。脚本を黒岩勉、演出を劇団鹿殺しの丸尾丸一郎が務め、出演は初主演のジャニーズJr.のユニット Love-tuneの阿部顕嵐、美山加恋、長妻怜央、鈴木勝大、宮崎香蓮、小野田龍之介が務める。就職活動を通して自分が何者かを模索し、就活を通して成長していく姿が描かれている作品である。主演の阿部は自分が主人公を演じて良かったと言われるように全力で役と向き合いたいと意気込みを語っている。映画かされた人気小説作品が舞台でどのように展開されるか注目したい。

阿部顕嵐 主演 舞台 何者

1,449人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

何者のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 00:00更新)

舞台 何者について

舞台 何者の魅力とは

舞台 何者は、第148回直木賞受賞した作家の朝井リョウの何者が原作とした舞台である。キャストは主人公二宮拓人役を阿部顕嵐、小早川理香役を美山加恋、宮本隆良役を長妻怜央、神谷光太郎役を鈴木勝大、田名部瑞月役を宮崎香蓮、サワ先輩役を小野田龍之介が務める。物語の中心となるのは就活で情報交換する5人の大学生。演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意な拓人。拓人とルームシェアをしている元バンドマンで着実に内定に近づいていく光太郎。光太郎の元彼女で、拓人が思いを寄せる実直な瑞月。留学帰りの意識高い系だが、なかなか結果が出ない理香。理香と同棲中で就活すること自体が格好悪いと思っている青年の隆良。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた22歳の大学生5人は、「就活対策本部」として理香の部屋に定期的に集会するようになる。そして、内定が決まった者が現れたとき、様々な思いが炸裂。ようやく彼らは自分を見つめ直すようになる。就活を通じて成長する姿を描いた作品である。外部公演初出演となる阿部と長妻、天才子役として脚光を浴びた美山加恋、映画「帝一の国」などの鈴木勝大、ドラマ「花燃ゆ」の宮崎香蓮、ミュージカル「パレード」などの小野田龍之介の5名が繰り広げる。初の舞台化になるこの作品、ぜひとも劇場で楽しんで頂きたい。

何者が好きな方はこんなチケットもおすすめ