何者」とは、第148回直木三十五賞を受賞した朝井リョウの小説である。史上最年少の直木賞男性受賞者となった朝井リョウの作品を、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」や「愛の渦」の脚本・監督を手がけた三浦大輔がメガホンをとり、映画化した。主人公の二宮拓人役を演じるのは「るろうに剣心」や「バクマン。」に出演し人気を博する佐藤 健。ヒロインの田名部瑞月役は映画やCMに引っ張りだこの人気女優、有村架純が熱演する。他にも二階堂ふみや、菅田将暉岡田将生など若手実力派俳優が勢揃いした豪華キャストが見どころだ。登場人物が天真爛漫系男子、意識高い系女子などと現代的にカテゴライズされ、それぞれのタイプが就職活動や社会にぶつかっていく姿はとてもリアルである。朝井リョウ自身も「心の形をした爆弾のような映画」と評した今作の、若者がもがき自分の道を切り開いていく姿は是非劇場でみたいものである。

何者 舞台挨拶の日程

705人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

何者の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

何者のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

映画「何者」について

映画「何者」とは

「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビューを果たした朝井リョウによる「何者」は就職活動を題材とした小説だ。2012年第148回直木三十五賞を受賞している。
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」等でメガホンをとった三浦大輔が脚本、監督を担当し映画化した。佐藤健演じる主人公、二宮拓人をはじめとする御山大学の5人の男女が、恋愛、友情と日本の特殊な就職活動の中で揺れ動いていく様を描いている。超観察エンタメと銘打たれる今作品では、就職活動を体験したことがある人ならば誰しもうなずけるような面接、エントリーシートの記入、グループディスカッション等のリアルな描写が見どころだ。

俳優陣も超豪華キャストとなっており、「るろうに剣心」や「バクマン。」で好演を果たした佐藤 健をはじめに、ヒロインはCMやドラマに引っ張りだこの有村架純、近頃はバラエティにも進出し見ない日はない二階堂ふみ、また2016年にエランドール賞新人賞を受賞した菅田将暉、他にも岡田将生や山田孝之など全員が実力派である。ヒロインを演じた有村架純自身も、就職活動を経験していない自分が出演するにあたって、自分自身のあり方を考えさせられたという今作品。
主人公たちが就職活動を通していく中でぶつかっていく、自分は何になりたいのか?
そもそも自分は何なのか?という葛藤や迷いを「何者」というタイトルで表した秀逸な作品である。

何者 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ