難波弘之は東京都出身の作曲家である。学習院大学法学部を卒業し、東京音楽大学音楽学部の教授を務めている。1979年、ファースト・ソロ・アルバム「センス・オブ・ワンダー」をリリース。この頃から山下達郎のコンサートツアーなどにも参加している。1981年2ndアルバム「パーティー・トゥナイト」をリリースすると、プログレッシブロックバンド「SENSE OF WONDER」を結成。1988年に東京音楽大学講師となり、NHK教育テレビの音楽番組「ベストサウンド」の講師も務めることに。TBS系の伝説的音楽番組「三宅裕司のいかすバンド天国」の審査員や桐朋学園芸術短期大学の講師も務めるなど、難波弘之は幅広い分野でその才能を発揮している。

難波弘之の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

難波弘之の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

難波弘之のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

難波弘之について

難波弘之とは

学習院大学法学部法学科を卒業し、東京音楽大学音楽学部の教授も務める作曲家、難波弘之。
学習院大学在学中より、プロ・ミュージシャンとして活動を始め、1975年に、鳴瀬喜博の誘いで「金子マリ&バックスバニー」に加入しキーボーディストとして活躍した。1979年、ファースト・ソロ・アルバム「センス・オブ・ワンダー」をリリース。この頃から山下達郎のコンサートツアーなどにも参加している。
1981年2ndアルバム「パーティー・トゥナイト」をリリースすると、プログレッシブロックバンド「SENSE OF WONDER」を結成。1988年に東京音楽大学講師となり、NHK教育テレビの音楽番組「ベストサウンド」の講師も務めることに。当時大人気で数多くのロックバンドを世に送り出したTBS系の伝説的音楽番組「三宅裕司のいかすバンド天国」の審査員を担当するなどメディアへの露出も非常に増えていくこととなる。

ゲームミュージックのアレンジも多数手がけ、日本ファルコムの「ソーサリアン」、「イースII」のアレンジを担当している。その後も日本ファルコムの様々なゲームミュージックを手掛けた。
1994年から1998年まで桐朋学園芸術短期大学の講師も務めるなど後進の育成にも尽力している。

難波弘之が好きな方はこんなチケットもおすすめ