中曽根創は、1988年沖縄生まれの民謡歌手。1999年「琉球民謡協会主催民謡コンクール」で新人賞を受賞し、「2000年照屋林賢プロデュースオーディション」でグランプリを受賞。「アッチャメー小」でCDデビューを果たす。沖縄民謡で全国を公演するなど活発に活動している彼は、琉球民謡協会教師の資格も所持している。自身で民謡を歌うだけではなく、民謡研究所を開くなどして生徒育成も積極的に行っている。さらに民謡や楽曲の提供などといった創作活動もするなど精力的だ。2017年5月に開催される「Music from Okinawa Night 第一夜 沖縄島唄2017 発売記念ライブ in 東京」への出演も決定している。沖縄民謡を普及させるべく活動する中曽根創の、今後の活動が楽しみだ。

仲宗根創の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

仲宗根創の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

仲宗根創のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 06:00更新)

中曽根創について

中曽根創の魅力とは

中曽根創は沖縄出身の民謡歌手で、3歳の頃から祖父の影響で民謡を歌い始めた。 琉球民謡協会主催民謡コンクールで新人賞受賞。2000年に「照屋林賢プロデュースオーディション」でグランプリを受賞し、「アッチャメー小」でCDデビューを果たした。当時12歳だった彼はTBSのクイズ番組「世界ふしぎ発見!」で紹介され、全国的に有名になる。その後も「琉球民謡協会主催民謡コンクール」にて最高賞受賞などさまざまな賞を受賞。2006年からゴザの民謡クラブ「なんた浜」でレギュラー出演を開始し、2012年まで活動する。

沖縄民謡歌手で三線の名手と言われる登川誠仁のアルバムなどにも参加をしている彼。2013年に自主レーベルのマルナカレコードを立ち上げ、自身2枚目のアルバム「歌ぬ糸」を発表した。クリスマスソング「サンラークルーシュー」の作詞作曲を手掛けるなどプロデュース活動や創作活動にも力を入れている。琉球民謡協会教師の資格を取得後は自身の民謡研究所を開き、人材の育成にも力を注ぐ。

2017年5月、AOYAMA 月見ル君想フで開催される「Music from Okinawa Night 第一夜 沖縄島唄2017 発売記念ライブ in 東京」に参加する中曽根創。彼の沖縄民謡を現地へ足を運び堪能しよう。

仲宗根創が好きな方はこんなチケットもおすすめ