18代目中村勘三郎を筆頭に始まったのがこの「平成中村座」である。中村勘三郎の生前公演以来、8年ぶりとなる平成中村座名古屋公演が決まった。2017年6月1日から26日まで行われるこの公演の演目は、昼の部が「壽曽我対面」、「封印切」、「お祭り」、夜の部が「義経千本桜」、「弁天娘女男白浪」、「仇ゆめ」だ。演者もそれぞれ中村勘九郎、中村七之助、中村扇雀など豪華なキャスティングとなっている。江戸時代のものを模したという、趣向を凝らした芝居小屋も必見で、随所に歌舞伎や伝統芸能に対する情熱や愛情が散りばめられたこの公演はファンならば見逃せないところである。特別感あふれるこの公演、絶対にチケットを手にしたい。

平成中村座の日程

904人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

平成中村座 怪談乳房榎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

平成中村座 怪談乳房榎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/17 18:00更新)

平成中村座とは

平成中村座について

2000年に浅草で始まった歌舞伎公演が「平成中村座」である。18代目中村勘三郎が演出家の串田和美と立ち上げて歌舞伎「隅田川続俤 法界坊」を上演すると、それからほぼ毎年「平成中村座」という公演名での公演が続いた。旗揚げの18代目中村勘三郎が2012年に亡くなると、長男の6代目中村勘九郎が引き継いで2014年に復活公演を上演し、その時々で会場を変えながら現在も公演を行っている。座員には、中村扇雀、中村橋之助、中村勘太郎、中村七之助、笹野高史、片岡亀蔵、坂東彌十郎などの大物ばかりが顔を揃えている。

浅草や名古屋、大阪城での公演の他に、ニューヨークのリンカーンセンターやベルリンの世界文化の家など海外公演も多く、世界中から支持を得ていることがわかる。

そして2017年6月、2015年に行われた「中村勘三郎を偲んで」公演以来2年ぶりとなる「平成中村座」、さらに名古屋公演としては8年ぶりとなる公演が決定した。名古屋城改修工事が終わり、名古屋城本丸御殿お披露目に合わせての公演となる。プレミアムなイベントとなること間違い無しのこの公演、歌舞伎ファンもお城ファンも、チケット情報は早めにチェックしておきたい。

平成中村座が好きな方はこんなチケットもおすすめ