六代目中村勘九郎は1981年10月31日、故十八代目中村勘三郎の長男として生を受けた。1986年1月には歌舞伎座「盛綱陣屋」の小三郎で初お目見得。さらには翌1987年1月に上演された「門出二人桃太郎」の兄の桃太郎役で二代目中村勘太郎を名乗り初舞台となった。2001年には第11回日本映画批評家大賞新人賞を受賞、 2003年には平成15年度真山青果賞の新人賞を受賞した。2009年には読売演劇大賞杉村春子賞を受賞、2012年には松尾芸能賞新人賞を受賞している。この2012年は中村勘九郎にとって激動の1年となった。2月には六代目中村勘九郎を新橋演舞場「土蜘蛛」僧智籌実は土蜘の精、「春興鏡獅子」の小姓弥生後に獅子の精などで襲名。「中村勘太郎改め六代目中村勘九郎襲名披露」を全国で展開している最中、その年末にあまりにも偉大な父親である十八代目中村勘三郎が息を引き取った。悲しみを乗り越え活躍し続け、2013年には読売演劇大賞最優秀男優賞と岩谷時子賞奨励賞を受賞、2014年には第39回菊田一夫演劇賞を受賞している。

中村勘九郎の日程

729人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

中村勘九郎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

中村勘九郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

中村勘九郎について

中村勘九郎の魅力とは

歌舞伎の醍醐味を知るにはチケットを手にするしかない。今の中村屋チケットはなかなか取りにくいが努力してみる価値はある。また、歌舞伎の舞台公演にとどまらず、映画やテレビ、写真集など他の幅広い分野へも挑戦を続けている中村勘九郎に今後も期待だ。

中村勘九郎が好きな方はこんなチケットもおすすめ