中嶋ユキノは、国立音楽大学在学中の2003年に、川嶋あいのバックコーラスとして音楽キャリアを開始したシンガーソングライターだ。高い歌唱力が評価され、これまで人気アーティストのライブやレコーディングのバックコーラスに起用されてきた。またソングライターとして作詞提供も行っている。2011年に自身の作詞によるデビュー曲「桜ひとひら」を配信し、iTunes総合チャート4位を記録し、注目を集める。2012年には、それまで配信された楽曲を含めたアルバム「Dear...」をリリースし、iTunesJ-POPチャート1位を獲得。2016年には浜田省吾プロデュースによるフルアルバム「N.Y.」で待望のメジャーデビューを果たした。アルバムのリード曲「斜め45度」のMVでは、優れた歌唱力と伸びのある歌声を披露し、話題を呼んでいる。豊富な音楽キャリアを持ち、新たなステージに向かう中嶋ユキノに注目してほしい。

中嶋ユキノの日程

6人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

中嶋ユキノについて

優れた歌唱力で心を揺さぶる、中嶋ユキノの魅力とは

大物シンガーソングライター浜田省吾が初めてプロデュースを手がける中嶋ユキノは、優れた歌唱力と音楽センスが評価され、2015年から浜田省吾の全国ツアーのバックコーラスとして活躍している。
2003年、国立音楽大学在学中に川嶋あいのライブのバックコーラスに誘われ、以来、13年間にわたり水樹奈々、ももいろクローバーZ、華原朋美、久保田利伸、ポルノグラフィティなどのバックコーラスを担当してきたキャリアを誇る。
2009年のレコチョク新人杯グランプリを受賞した菅原紗由理の「キミに贈る歌」の作詞をはじめ、ソングライティングの才能も高く評価されている。2010年からUSTREAMの弾き語り番組「Dear...」で歌声を披露し、番組を見たカシオペアの向谷実の勧めで公開レコーディングを生配信し、制作したオリジナル曲「アイシテルの言葉」は、iTunes総合2位、J-POP1位を獲得し、ネットニュースで大きな話題となった。
2016年には浜田省吾との出会いにより制作されたフルアルバム「N.Y.」でメジャーデビューを果たすとともに、初のワンマンライブを開催する。豊富な音楽キャリアと優れた歌唱力を持つ女性シンガーソングライター中嶋ユキノをぜひ聴いてほしい。

中嶋ユキノが好きな方はこんなチケットもおすすめ