日本のスリーピースバンド椿屋四重奏において、ほぼ全ての楽曲で作詞・作曲を担当していたリーダーでボーカルギターの中田裕二がソロ転向以降にさらなる注目を集めている。椿屋四重奏は2000年に中田裕二によって結成、2002年には永田貴樹、小寺良太との3人編成となった。その後2006年にはサポートメンバーとして参加していた安高がメンバー加入しその名の通り「四重奏」となったが2010年3月にその安高が脱退。同年大晦日のカウントダウンライブをもって解散した。

中田裕二の日程

361人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

中田裕二のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

中田裕二について

中田裕二のライブの魅力とは

中田のソロプロジェクトはバンド解散前から平行して行われていた。2005年には映画「誰が心にも龍は眠る」に出演、2009年にはカバー曲中心としたアコースティック編成でのライブ「SONG COMPOSITE」が始動。ちなみにこの「SONG COMPOSITE」は部屋やリビングで聞いているかのようなアコースティックを最高に生かしたい本人の意向により、どうしてもキャパが小さくなるためチケットが非常に困難なライブとなっている。もちろん、通常のライブであっても、やはり圧巻のステージを見たいファンが殺到するためチケットが取りにくいことに変わりはない。ライブに行けばその妖艶なロックに誰もが魅了される。

中田裕二が好きな方はこんなチケットもおすすめ