名古屋フィルハーモニー交響楽団とは名古屋を拠点に活動する東海地方をリードするオーケストラである。発足は1966年。実に半世紀以上の歴史があり、これまで日本を始め世界中で活動を行ってきた由緒ある楽団だ。「名フィル」の愛称で地元名古屋からの期待を背負いオーケストラを発信し続けている。高い演奏力は国内外でも話題になり、かつては世界でも名高いウィーン・フィルからコンサートマスターが就任。合同公演を行うなど世界的な繋がりも獲得している。これまでに共演した指揮者やソリストなども世界中から実力者が集まっており、交響楽団としての力量が伺える。定期演奏会を始めCDのリリースもコンスタントに行っており、楽団としては国内有数の実力と人気を獲得している。

名古屋フィルハーモニー交響楽団の日程

61人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

名古屋フィルハーモニー交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/14 06:00更新)

名古屋フィルハーモニー交響楽団について

名古屋フィルハーモニー交響楽団の魅力とは

名古屋フィルハーモニー交響楽団とは「名フィル」の愛称で親しまれている国内でも屈指の実力を持つオーケストラである。名古屋を中心に国内外を問わず世界中へと音楽を発信、国内オーケストラでも高い人気を獲得している。実に多数の有名指揮者並びにソリストとの共演を果たしており、指揮者に小澤征爾、朝比奈隆、ソリストにアンドレ・ワッツ、サルヴァトーレ・アッカルドなどがいる。

1966年に「第1回定期演奏会」が行われ、創立50周年を迎える2016年にはその数既に400回を超えている。1988年には本楽団初となる海外公演も実施。ヨーロッパでの演奏会で大成功を収めた。実力の高い演奏力と幅広い活動は数々の賞も受賞している。1997年には文化庁芸術作品賞レコード部門を受賞、楽団として高い地位を確立。多彩な活動や数々の実力者の共演、そして楽団としての確かな実力は国内外でも話題にあがるほどだ。日本オーケストラ連盟にも加盟しており、実力とブランド力は確かなものとなっている。2016年からはイギリスの指揮者コンクールで1位に輝いたことで注目を浴びるマーティン・ブラビンズが常任指揮者に。彼の抜擢もまた話題となった。広く世界中での活躍はアーティストの育成とともに、上質な音楽を世界へ届けることで多くのファンを魅了している。

名古屋フィルハーモニー交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ