長澤まさみは、2000年から活動している女優。1987年6月3日生まれの静岡県磐田市出身であり、所属事務所は東宝芸能である。2000年に「第5回東宝シンデレラオーディション」でグランプリを受賞し芸能界入りを果たすと、同年には映画「クロスファイア」で映画デビューを果たしている。翌2001年には、テレビドラマ「Pure Soul 君が僕を忘れても」で初レギュラー出演を果たすと、2003年には映画「ロボコン」で「第27回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞している。さらに2004年に映画「世界の中心で、愛をさけぶ」でヒロインを演じ、「第28回日本アカデミー賞」では最優秀助演女優賞など多数の映画賞を受賞し、一躍人気女優の仲間入りを果たしている。

長澤まさみの日程

843人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

長澤まさみのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/14 06:00更新)

長澤まさみについて

長澤まさみの魅力とは

長澤まさみは、静岡県出身の人気女優。2000年に開催された「第5回東宝シンデレラオーディション」でグランプリを獲得したのをきっかけに芸能界入りし、同年には映画デビューまで果たしている。2003年に公開された映画「ロボコン」では主役を演じ、同年の「第27回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞すると、翌2004年には映画「世界の中心で、愛をさけぶ」でヒロインを演じ、社会現象となるほどの人気を博した。特に本作では、白血病治療の副作用による脱毛症を抱えた廣瀬亜紀役を演じスキンヘッドになるなど、体を張った演技で日本中から注目を浴びた作品となっている。

2005年にはドラマ「ドラゴン桜」、2006年にはNHK大河ドラマ「功名が辻」で初主演を飾るなど一躍人気女優の仲間入りを果たし、同年の映画「涙そうそう」では妻夫木聡とW主演を演じ、「第30回日本アカデミー賞」で優秀主演女優賞を受賞している。また、2011年には映画「モテキ」では、演技の新境地を切り開き、「第35回日本アカデミー賞」で優秀主演女優賞等の数々の賞を受賞した。昨今は映像作品だけではなく舞台作品への出演も多くなっており、女優としてますますの活躍が期待されている。

長澤まさみが好きな方はこんなチケットもおすすめ