長崎しぐれ坂は、2017年5月に上演される宝塚歌劇月組のミュージカル・ロマンだ。新国劇などで活躍した劇作家・榎本滋民の「江戸無宿」を原作とし、植田紳爾が脚色・演出を担当する。2005年に星組の娘役トップスターだった女優・檀 れいのサヨナラ公演として上演され、大好評を博した作品でもあり、再演となる今回は、専科の轟 悠、月組トップコンビの珠城りょう、愛希れいかを中心に月組本公演として上演される。江戸末期の長崎を舞台に、かつては幼なじみだった江戸無宿の極悪人・伊三次と長崎奉行所の下っぴき・卯の介、芸者おしまによる愛憎劇が繰り広げられる。神田祭りや精霊流しの場面での情緒あふれる舞踊も見どころとなっている。ミュージカル・ロマン「長崎しぐれ坂」の舞台が楽しみだ。

長崎しぐれ坂の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

長崎しぐれ坂について

ミュージカル・ロマン、長崎しぐれ坂の魅力とは

100年を超える歴史と伝統を誇り、これまで「ベルサイユのばら」「エリザベート」などをはじめ数々のヒット作品を生んできた宝塚歌劇は、ドラマチックなストーリーと煌びやかな舞台演出が多くのファンの心を掴んできた。和洋を問わず幅広いジャンルの作品が披露され、お気に入りのスターたちの演技や歌と踊りに魅せられた往年の宝塚ファンだけでなく、新規のファンも年々増加し、チケットはプラチナ化している。
2017年5月に月組公演として上演されるミュージカル・ロマン「長崎しぐれ坂」は、劇作家・榎本滋民の「江戸無宿」を原作とし、2005年に星組公演として初演され、好評を博した作品だ。星組公演では幼馴染の伊佐次、卯の介、おしまを轟 悠、湖月わたる、檀 れいが演じたが、今回の月組公演では再び専科の轟 悠が伊佐次役を務めるほか、月組トップコンビの珠城りょう、愛希れいかが出演する。宝塚ならではの華やかさの中にも哀愁あふれる世界を描き、神田祭りや精霊流しの場面では素晴らしい舞踊が展開される。
また、モン・パリ誕生90周年記念としてレヴューロマン「カルーセル輪舞曲(ロンド)」も併せて上演される。ファンには堪らない宝塚の大舞台を楽しんでほしい。

長崎しぐれ坂が好きな方はこんなチケットもおすすめ