長岡まつり大花火大会 2017は、2017年夏の一大花火イベントだ。大会は、新潟県長岡市の河川敷で毎年開催されている。まつりの起源は、昭和20年8月1日に起きた痛ましい大空襲。1486名の命が奪われたこの惨劇から1年後、昭和21年8月1日に行われた長岡復興祭がこの祭の前身となっている。この祭は人々の心を癒し、まちの復興のため再び立ち上がる力となった。空襲で亡くなった方への祈り、まちの復興の支えとなった人々への尊敬の念、恒久平和への願い、様々な思いを乗せて、今年も長岡の空に大きな花火が打ち上げられる。昭和22年、戦争により中断していた大会が復活してから70年の節目の年となる今年、平和を願う人々の思いを感じながら、美しくも儚い花火に心癒されよう。

長岡まつり大花火大会 2017の日程

830人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

長岡まつり大花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

長岡まつり大花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 18:00更新)

長岡まつり大花火大会 2017について

長岡まつり大花火大会 2017の魅力とは

長岡まつり大花火大会 2017は、戦争による空襲で亡くなった人々への祈りと、先人への尊敬の念、恒久平和を伝えるため、新潟県長岡市で行われる花火大会である。昭和20年の空襲、昭和21年に行われ、本まつりの前身となった長岡復興祭を経て、昭和22年の復活から開催70年の節目を迎える。今年は8月1日に前夜祭、2日、3日に昼行事と大花火大会が予定されている。2日、3日の花火大会では空襲で亡くなった方への思いを込めた白い花火「白菊」、生三尺玉3連発や復興祈願花火「フェニックス」の5分フルバージョン、超大型スターマイン「米百俵花火・尺玉100連発」の打ち上げなどが予定されていて、今年も圧巻のスケールで夜空が飾られることだろう。花火大会をさらに盛り上げるミュージックとともに、楽曲にちなんだ「故郷はひとつ」や大河ドラマにちなんだ「天地人」など、多様なテーマに沿った花火の打ち上げ構成は要チェックだ。戦争、空襲という悲しい出来事をきっかけにしながらも、花火や祭を通して前を向き、平和への道を一歩一歩進んでいく長岡の人々。今年の夏は、そんな人々が花火に賭ける切なる願いを感じながら、長岡の夜空に咲き誇る大輪の花を目に焼き付けよう。

長岡まつり大花火大会 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ