日本三大花火大会、越後三大花火大会の一つでもある長岡まつり大花火大会。その発端は恒久平和への願いであった。1945年、昭和20年8月1日、B29大型爆撃機が長岡に来襲し市街地を爆撃。8割が焼け野原となり数多くの尊い命が失われた。見渡す限り悪夢のような惨状を目の当たりにした悲しみと憤りに打ち震える人々が空襲から1年後の21年8月1日に長岡まつりの前身となる「長岡復興祭」が開催された。その後、古くから開催されていた花火大会とあわせて現在の長岡まつりの体制となったのは1951年である。毎年、長岡まつりは8月1日から3日にかけて長岡市各地で行われ前夜祭・昼行事・灯籠流しなどが開催。2日と3日に大花火大会が信濃川河川敷で行われる。

長岡まつり大花火大会 2017の日程

403人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

長岡まつり大花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

長岡まつり大花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

長岡まつり大花火大会について

長岡まつり大花火大会の魅力とは

また、新潟県内の越後三大花火とあわせて「川の長岡」「山の片貝」「海の柏崎」と称される。また日本三大花火ではあるが他の大曲と土浦が競技大会であるのに対して長岡の花火は慰霊・復興に観点をおいた花火大会である。例年、長岡インター側となる信濃川左岸と、長岡駅側となる信濃川右岸に様々な席が設けられる。2014年の有料席は6人までのマス席チケットが15,000円、イス席チケットが1人3,000円など、他にもフェニックスの打ち上げ場所の対岸にフェニックス観覧席、カメラマン席や屋形船などからも発売される。平和への願いとともに観る日本三大花火は長岡だけ。毎年例外なく感慨深い花火大会となる。

長岡まつり大花火大会 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ