永原真夏は、2015年4月から活動を休止しているギターレスバンド・SEBASTIAN Xのボーカルで、現在はソロ活動をおこなっている歌手である。バンド活動休止後、約3ヶ月を経てソロ活動をスタート。バッグバンドとして、キーボードの工藤歩里とギターの藤原 亮、ベースのBambi、トランペット・フリューゲルホルンのamagon、トロンボーンの小池隼人で活動中のSUPER GOOD BANDを迎え入れ、永原真夏+SUPER GOOD BANDとして「青い空」をリリース。SEBASTIAN Xの活動休止を悲しんでいたファンも大喜びのソロデビューとなった。同年7月~8月にかけて、東京都と愛知県、大阪府の3都市で自主企画ライブを敢行。歌手として歩み続ける永原真夏の活躍に今後も注目していきたい。

永原真夏の日程

15人が登録中

あと7日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

永原真夏の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

永原真夏のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/18 12:00更新)

永原真夏について

永原真夏の魅力とは

永原真夏の魅力は、自分らしさを忘れないのびのびとした歌声が魅力である。ソロ活動の第一歩となった「青い空」にも、その魅力がいっぱい詰まっている。ドラマチックなミディアムバラードに仕上がった「青い空」は、SEBASTIAN Xの活動休止によって立ち止まってしまったが、音楽に対する前向きかつ恐れない姿勢、楽しみながら自分らしく音楽を続けたいという彼女の想いが伝わってくる。映像作家エリザベス宮地が手掛けたミュージックビデオからも、広大な荒野で歌い、踊る彼女の姿に癒される。また、同CDにはブラスサウンドにのせたノリの良い楽曲の「応答しな!ハートブレイカー」や工藤歩里と結成したユニット・音沙汰の「ホームレス銀河」のアレンジ曲が収録されていて、どれも心に沁みる魅力的な楽曲だ。

ソロデビュー後、2016年3月にソロとして初のミニアルバム「バイオロジー」をリリース。4月~5月にかけて全国ツアーも行った。全国ツアーの最終公演では、人気若手ロックバンド・HAPPYとのツーマンライブをおこない多くのファンを沸かせた。どこで誰といても音楽を楽しみ続ける永原真夏。ライブ会場で彼女の歌声を聴けば、勇気をもらえること間違いないだろう。

永原真夏が好きな方はこんなチケットもおすすめ