なでしこジャパンは、2004年にサッカー日本女子代表につけられた愛称であり、以降の代表の活動を示す名称となるものである。その名前が広く日本全国で知れるようになったのは当時のアテネオリンピックでの代表の活躍。アテネオリンピックでは残念ながらベスト8で終わってしまったが、その大会にてフェアプレー賞を獲得することで一躍知名度を上げることになる。それ以降国内の女子サッカーの大会には「なでしこ」が付けられることになり、以降知名度と共に成績も上げ各大会で好成績を残すことになる。2011年には女子団体スポーツ初となる「紫綬褒章」を獲得。愛称がその年の流行語大賞年間大賞を獲得するなどその年を象徴する存在となる。国内のサッカー人気をはじめ多くの人へと希望を抱かせるチームだ。

なでしこジャパンの日程

84人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

なでしこジャパンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/14 18:00更新)

なでしこジャパンについて

なでしこジャパンの魅力とは

なでしこジャパンとはサッカー日本女子代表の愛称としてつけられた。度重なる活躍からその後の大会名称にも名付けられる日本を代表するスポーツチームとなった。FIFA女子ワールドカップ、オリンピックの各大会に数々出場し、軒並み好成績を記録。2011年にはFIFAにて初優勝を決めている。

特に2004年以降の活躍は凄まじく、チームにおいて紫綬褒章や流行語をはじめ、その年のアメリカFOXスポーツからはベストチーム第1位の称号も与えられる。さらに翌2012年にはサッカー日本女子代表の最多出場選手、最多得点選手である澤 穂希がFIFA女子最優秀選手賞を獲得。澤個人としても団体としても世界的な活躍を成し遂げている。FIFAワールドカップで優勝を決め、2012年のロンドンオリンピックでは44年ぶりのオリンピックメダル獲得を達成するなど偉業を成し遂げている。2014年AFC女子アジアカップで優勝。その他多くの大会で記録を残しており世界的に認められる。

彼女たちの存在が認められるのは実力だけでなく、かつてフェアプレー賞に輝いた精神も挙げられる。日本を代表する存在として強くフェア精神を忘れないその活躍に世界中から多くの注目を集めている。

なでしこジャパンが好きな方はこんなチケットもおすすめ