JリーグYBCルヴァンカップは明治安田生命のJ1リーグに在籍する18チームのうち、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、ガンバ大阪、浦和レッズ、柏レイソルを除く14チームが予選リーグに参加する。昨シーズンのJ1リーグ順位をもとにAグループ(FC東京、湘南ベルマーレ、ヴァンフォーレ甲府、松本山雅FC、アルビレックス新潟、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖)とBグループ(ベガルタ仙台、モンテディオ山形、川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、清水エスパルス、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸)に7チームずつ分かれ、1回戦総当たりのリーグ戦を経て、各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出する。サッカーファンならチケットを手にして、どのチームがYBCルヴァンカップでのスーパープレイの興奮を生で体感したいところだ。

JリーグYBCルヴァンカップの日程

1,215人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

JリーグYBCルヴァンカップの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

JリーグYBCルヴァンカップのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

JリーグYBCルヴァンカップについて

JリーグYBCルヴァンカップの魅力とは

JリーグYBCルヴァンカップは、J1リーグ、天皇杯と並ぶ日本国内3大タイトルの一つとして非常に注目度の高い大会です。開催方式は必ずしも毎年一定ではなく、ワールドカップ・オリンピックといった国際スケジュールにより左右される事もありますが基本的には、J1所属全チームが参加し、総当り予選リーグ、ホーム・アンド・アウェー2回戦制によるノックアウトトーナメントにより決勝トーナメント準々決勝・準決勝を行ないます。決勝戦は11月初旬頃、国立霞ヶ丘競技場での一発勝負によって行なわれます。決勝戦では両チームのスタジアムDJが来場し、m-floメンバーのTakuによって作られた曲が2007年の決勝戦から使われている。ホームゲームで行う方式でメンバーを発表するなど、他のカップ戦にはない独特の演出が行われる事 もありサポーターの熱気は最高潮に達します。準決勝や決勝のチケットは両チームのサポーター以外のサッカーファンも試合にかけつけるため、良い席は早く完売してしまうので注意が必要です。トーナメント戦の熱気を各チームサポーターとして観戦するのも楽しいですし、純粋なサッカーファンとしてレベルの高い熱戦を間近で観るのも楽しめるでしょう。

JリーグYBCルヴァンカップが好きな方はこんなチケットもおすすめ