マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは、1984年、ダブリンにて結成。1987年に、それまでボーカル担当でバンド名の考案者でもあったオリジナルメンバーのデイヴ・コンウェイとティナが脱退すると、ケヴィン・シールズがリード・ボーカルを担当するようになり、デビー・グッギ、次いでビリンダ・ブッチャーが加入してバンド編成が変わると音楽スタイルもそれまでとは大きく変わった。『ストロベリー・ワイン』『エクスタシー』で後につながる方向性を示し、クリエイションに移って1988年に発売された『ユー・メイド・ミー・リアライズ』でブレイクした。それ以降、幾重にも重ねられたノイジーなギターサウンドと、甘く脱力的な歌い方の男女のボーカルのメロディーを融合させ、サンプラーやエフェクターなどの機材も駆使した独特な幻想的なサウンドを創造する。彼らのそうしたスタイルは、ライドやチャプターハウスなど「シューゲイザー」と呼ばれる多くのフォロワーを生んだ。

マイブラの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

マイブラの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

My Bloody Valentine (マイブラ)について

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのライブの魅力を徹底解剖

血のバレンタイン。その音楽性を言い表すかのような、My Bloody Valentineというバンド名は、どこか邪悪で、どこか作為的。カナダのB級ホラー・ピクチャーの世界観は、悪く言えば虚仮威しであったが、虚仮威しに満ちたサウンドこそがMy Bloody Valentineであるとでも言わんばかりである。

サイケデリックなデビュー作を経て、やがてMy Bloody Valentineはシューゲイザーをその持ち味とした。シューゲイザー=ディストーションを目一杯掛けたノイジーなギターリフ、リフ、リフの応酬に、叙情的なメロディが乗る。邪悪、かつ幻想的なサウンドは唯一無二のオリジナリティである。怖いもの見たさに、チケットを入手してみればいい。冷徹、かつエネルギッシュという相反するパフォーマンスを目撃出来る。

男性2人、女性2人のMy Bloody Valentineは、その音楽性の飽くなき追求の為にこの編成に落ち着いた。決してイロモノキワモノなどではない。それぞれのメンバーが絶対に必要不可欠。中性的なバンド・アンサンブルはMy Bloody Valentineだからこそ出来る芸当だ。マイブラのチケットの価値は十二分にあると断言できる。

マイブラが好きな方はこんなチケットもおすすめ