ミューザ川崎は神奈川県川崎市の川崎駅西口駅前にあるコンサートホールである。名前の由来は音楽を表す「ミュージック」と、古来より人の集まる場所を表す言葉とされてきた「座」の合成であり、全国からの公募で集まった3,609件の応募作品の中から選ばれた。収容人数は1,997人であり、パイプオルガンやオーケストラ演奏用の各種舞台装置などが設置されている。ホールの構造はクラシック音楽に最適な残響時間を確保するように設計されており、臨場感溢れるワインヤード形式という形式を採用している。ジュニアオーケストラの練習が行われたり、音楽工房・市民交流室があるなど川崎市の音楽文化の中心地となっているのがミューザ川崎なのである。

ミューザ川崎の日程

10人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ミューザ川崎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

ミューザ川崎について

ミューザ川崎とは

ミューザ川崎は神奈川県川崎市にあるコンサートホールである。オフィス棟、ショッピングゾーンが併設されており、2004年7月にこけら落とし演奏としてマーラー作曲交響曲第8番「千人の交響曲」が演奏された。名前の由来は音楽を表す「ミュージック」と、古来より人の集まる場所を表す言葉とされてきた「座」の合成であり、全国からの公募で集まった3,609件の応募作品の中から選ばれた。収容人数1,997人を誇る巨大なホールであり、クラシック音楽に最適な残響時間を確保している。

ステージがホールのほぼ中央に位置しその周りを客席が取り囲むというワインヤード形式を採用しているため、臨場感溢れるダイナミックな演奏を楽しむことが可能だ。東日本大震災の影響で、天井が大規模に崩落したためしばらく休館していたが、2013年4月に無事リニューアルオープンしている。

高い稼働率を誇り、年間入場者数は約20万人に達する川崎市民から愛される音楽ホールである。
パイプオルガンやオーケストラ演奏用の各種舞台装置などが設置されていることに加え、音楽工房・市民交流室があるなど音楽に携わる人ならどんな人でも利用できるのがミューザ川崎の懐の深さである。

ミューザ川崎が好きな方はこんなチケットもおすすめ