エリザベートミュージカル』は、東宝版「エリザベート」を指していることを、ご承知して頂きたい。原作はウィーンミュージカルの同名作品である。初演は1992年ウィーンにて、脚本・作詞をミヒャエル・クンツェ氏、作曲はシルヴェスター・リーヴァイ氏のゴールデンコンビ渾身の傑作。ウィーンミュージカルを世界に知らしめた大作でもあり、チケットは常に完売されている。日本で『エリザベート』を語る時、宝塚歌劇団を抜いては語れないだろう。そのため、日本初演は1996年宝塚歌劇団雪組とされる向きも多い。

エリザベート ミュージカルの日程

10,126人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

エリザベート ミュージカルの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

エリザベート ミュージカルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

エリザベート ミュージカルについて

エリザベート ミュージカルの魅力とは

再演を重ねているが、ウィーン版との相違点も多く、東宝版『エリザベート』が2000年、より原作に近い形で上演をスタート。日本での『エリザベート』生みの親と称される小池修一郎氏が、演出家として両方の『エリザベート』を手掛けている。本作品は、ウィーンを飛び出し、日本に上陸後、ハンガリー、スウェーデン、オランダ、ドイツ、イタリアなどなどエリザベート旋風を巻き起こしている。それはさながら、作品の主人公であり実在した、ハプスブルク王家最後の皇后エリザベートが、流浪の旅で訪れた国や土地を巡っているかのようだ。斜陽のハプスブルク家とエリザベート、そこに佇んでいるのは、黄泉の帝王「死(トート)」であった。

エリザベート ミュージカルが好きな方はこんなチケットもおすすめ