武蔵野文化事業団は、1984年に設立された公益財団法人だ。市民に優れた芸術文化を提供し、地域社会の発展と豊かな市民生活の形成に寄与することを目的として活動している。主に市民団体等の舞台芸術活動に対する援助や武蔵野市からの文化施設の管理運営などを行っており、イベントの主催、それを上演する建物の管理など総合的な役割を果たしている。1984年に開館した武蔵野市民文化会館も、武蔵野文化事業団が指定管理している建物で、コンサート、演劇、講演など幅広い用途で使用されている。2016年より改修の為の全面休館に入り、2017年4月にリニューアルオープンしたばかりだ。これにより様々なイベントが主催されており、自分好みのイベントを見付けて、是非足を運んでみたい。

武蔵野文化事業団 主催公演の日程

15人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

武蔵野文化事業団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

武蔵野文化事業団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 06:00更新)

武蔵野文化事業団 主催公演について

武蔵野文化事業団 主催公演の魅力とは

武蔵野文化事業団は、市民団体等の舞台芸術活動に対する援助や武蔵野市からの文化施設の管理運営などを行っている公益財団法人だ。2017年にリニューアルオープンした武蔵野市民文化会館も武蔵野文化事業団が管理運営。この他にも武蔵野芸能劇場、武蔵野公会堂、武蔵野スイングホール、吉祥寺シアターなど施設の数も多岐に渡っている。主催事業も、演劇、クラシック、JAZZ&ポピュラー、伝統芸能、美術、子供向け企画、ダンスなど幅広く、2017年も精力的に開催。武蔵野小ホール リニューアル公演として開催されるラトヴィア放送合唱団の公演は、超辛口で知られる巨匠ハインツ・ホリガーが絶賛する同合唱団がカスパルス・プトニンシュ指揮の下、ラフマニノフ「徹夜祷」を全曲披露。武蔵野スイングホールには、サラ・ヴォーンの後継者と讃えられるロバータ・ガンバリーニが来日し、極上の大人のJAZZを披露する。伝統芸能では渋谷らくごの年間MVPを受賞した春風亭昇々が独演会を開催。35名限定の茶室で贅沢気分を味わえる。武蔵野市国際オルガンコンクールのプレイベントとしてパイプオルガン見学会も開催しており、実際にオルガン改修あたった技術者が解説し、オルガン演奏も行われる。

武蔵野文化事業団 主催公演が好きな方はこんなチケットもおすすめ