村田沙耶香は千葉県出身のエッセイストである。玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業し、横浜文学学校では「誰かが触った」などで知られる芥川賞作家・宮原昭夫に学んだ。2003年、「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀賞受賞し、その後2009年には「ギンイロノウタ」で第22回三島由紀夫賞初候補に。2013年には「しろいろの街の、その骨の体温の」で第26回三島由紀夫賞受賞した。その後も「殺人出産」「消滅世界」など話題作を次々と世に送り出し、2016年には「コンビニ人間」で第155回芥川龍之介賞受賞した。村田沙耶香は現在でもコンビニバイトをしながら執筆をしていて、バイトがない日は全く小説が書けない作家としてても知られている。

村田沙耶香の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

村田沙耶香について

村田沙耶香とは

千葉県出身のエッセイスト、村田沙耶香。玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業し、横浜文学学校では「誰かが触った」などで知られる芥川賞作家・宮原昭夫に学んだ。
2003年、「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀賞受賞し、その後2009年には「ギンイロノウタ」で第22回三島由紀夫賞初候補に。2013年には「しろいろの街の、その骨の体温の」で第26回三島由紀夫賞受賞した。
その後も話題作を次々に執筆。2014年に、10人産んだら、1人殺してもいい殺人システムが存在する世界を描いた「殺人出産」で第14回センス・オブ・ジェンダー賞少子化対策特別賞受賞する。2015年には夫婦間の性行為が近親相姦とみなされ、家族も過去の遺物となった世界を描いた「消滅世界」、2016年にはコンビニで働くことで自分を世界の正常な部品にしてくれると感じているアルバイト店員を描いた「コンビニ人間」で第155回芥川龍之介賞受賞している。
この様な作風から作家仲間である、朝井リョウ、加藤千恵、西 加奈子らから「クレイジー沙耶香」と呼ばれているのが話題となりテレビなどでも取り上げられた。
一風変わった世界観で綴られる村田沙耶香の作品を一度読めば、惹きつけられること間違いないだろう。

村田沙耶香が好きな方はこんなチケットもおすすめ