日本を代表する演出家・三谷幸喜。その彼が2014年の新作に選んだのは平安時代の女流作家である紫式部と清少納言を題材とした二人芝居。タイトルは「紫式部ダイアリー」である。ストーリーは歴史に基づいており「源氏物語」脚光を浴びた若手作家の紫式部と「枕草子」で確固たる地位を得た清少納言、彼女らの作家として、女性として、人生を賭けたぶつかりあいが舞台で繰り広げられることになる。このオンナ同士の熱いバトル、三谷幸喜が選んだ女優は長澤まさみと斉藤由貴の二人。

紫式部ダイアリーの日程

27人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

紫式部ダイアリーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

紫式部ダイアリーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

紫式部ダイアリーについて

紫式部ダイアリーの魅力とは

紫式部ダイアリーで、紫式部を演じるのは「わが家の歴史」以来の三谷作品、また、三谷の舞台作品へは初出演となる長澤まさみ。対して、大ベテラン作家である清少納言は「君となら」以来の三谷の舞台作品への出演となる斉藤由貴である。実はこの二人は事務所の先輩後輩であり、共演は初めてとなる。東京公演は11月1日から30日までパルコ劇場、名古屋公演は12月4日から12月7日まで名鉄ホール、福岡公演は12月9日に福岡国際会議場メインホール、大阪公演は12月11日から12月21日まで森ノ宮ピロティホール、松本公演は12月25日にまつもと市民芸術館、広島公演は12月27日に広島アステールプラザ大ホールにて開催。チケットは全席指定、U-25チケットなども発売される予定である。

紫式部ダイアリーが好きな方はこんなチケットもおすすめ