「武曲 MUKOKU」は、藤沢周の小説「武曲」を原作とした映画作品。1998年に「ブエノスアイレス午前零時」で第 119 回芥川賞を受賞した藤沢 周。そんな彼が手掛け、剣豪小説 新時代の傑作と評される「武曲」が映画化されるとあって話題を集めている。主人公 矢田部研吾を演じるのは「クローズZERO II」や「GANTZ」などに出演し、連続テレビ小説「カーネーション」の圧倒的な存在感で話題に、映画「そこのみにて光輝く」では第88回キネマ旬報ベスト・テンを始め、第36回ヨコハマ映画祭、第24回日本映画批評家大賞など数多くの賞の主演男優賞を総なめにした綾野 剛。「武曲 MUKOKU」の世界観に綾野 剛がどう挑むのか見どころ満載だ。

武曲 MUKOKU 舞台挨拶の日程

212人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

武曲 MUKOKUの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

武曲 MUKOKUのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 18:00更新)

武曲 MUKOKUについて

武曲 MUKOKUとは

藤沢 周の小説が原作の映画「武曲 MUKOKU」。1998年に「ブエノスアイレス午前零時」で第119 回芥川賞を受賞した藤沢 周。そんな彼が手掛け、剣豪小説新時代の傑作と評される「武曲」がついに映画化される。剣道世界一でありながら生きる気力を失ってしまった主人公の矢田部研吾。ヒップホップに夢中な高校生 羽田 融に自分の父と同じ天性の剣士を見出し、2人の運命は交錯していく。

主人公 矢田部研吾を演じるのは東京ドラマアウォード2013 助演男優賞、第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞、第15回 ニューヨーク・アジア映画祭 ライジングスター賞、第40回日本アカデミー賞 主演男優賞とこれまで数多くの賞を獲得している演技派俳優 綾野 剛。羽田 融役には「二度めの夏、二度と会えない君」や「忘れないと誓ったぼくがいた」などに主演し異彩を放つ村上虹郎。その他にも元AKB48のメンバーで演技に定評のある前田敦子、柄本 明や小林 薫などの実力派が名を連ねキャスティングからも重厚な雰囲気を醸し出している。メガホンを取るのは「鬼畜大宴会」がタオルミナ国際映画祭でグランプリを受賞し、「私の男」が、モスクワ国際映画祭 最優秀作品賞を受賞した熊切和嘉。

武曲 MUKOKU 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ