つながる音楽劇『麦ふみクーツェ~everything is symphony!!~』の原作は、2003年に坪田譲治文学賞を受賞している、いしいしんじ著の同名小説である。脚本・演出をウォーリー木下氏、音楽監督にトクマルシューゴ氏を迎えて、観客参加型のエンターテイメント性の高い音楽劇に仕上げてきている。開幕後では、チケット薄の作品になるだろう。ウォーリー氏は映像とパフォーマーをコラボさせる手腕には定評がある、関西を中心に活動している注目の演出家だ。そしてトクマル氏といえば、楽器とそれ以外の物を分けないで、身の回りの物すべてを楽器に変えるユニークな音楽家として知られている。この2人が初めてタッグを組んだ音楽劇、『麦ふみクーツェ~everything is symphony!!~』がタダで終わるはずがあろうか?

麦ふみクーツェの日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

麦ふみクーツェの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

麦ふみクーツェのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

麦ふみクーツェについて

麦ふみクーツェの魅力とは

チケット購入時に「当日は、サイレン以外なら何でもいいので、音が鳴る物をご持参ください」と、異例の呼び掛けをしている。基本、舞台進行中、客席は咳払いひとつでも憚られるもの。それを鳴り物持参とはいかに。その答えは、劇場に足を運んだ人にしか分からない。物語は小さな港町で巻き起こる、これまた小さな悲喜劇。「ねこ」と呼ばれている青年が指揮をする町の吹奏楽団、その青年にしか見えない「クーツェ」の存在を軸に、タップのリズムと共に日常がリズミカルに動き出す。映像と音楽、そして演劇の3D舞台は、客席を巻き込んで一体となっていく。

麦ふみクーツェが好きな方はこんなチケットもおすすめ