ムエタイは格闘技の一種で、タイでは国技とされている。現代のムエタイの元となっている古式ムエタイのルーツはインドのカラリパヤットの素手武術であるパーフユッダと言われている。両手、両肘、両脚、両膝の8箇所を用いての攻撃、団体によっては投げ、頭突きもありとなっており技の多彩さ、攻撃方法の豊富さから「立ち技世界最強」と名高い格闘技だ。しかしタイ国内ではムエタイ選手の社会的な地位は決して高くない。ムエタイの競技は賭博の対象となっており、貧困層のスポーツと見なされているからである。しかしムエタイからボクシングに転身して世界王者になったウィラポン・ナコンルアンプロモーションのような素晴らしい選手も輩出している。

ムエタイの日程

12人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ムエタイの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ムエタイのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

ムエタイについて

ムエタイとは

ムエタイは格闘技の一種で、タイでは国技とされている。現代のムエタイの元となっている古式ムエタイのルーツはインドのカラリパヤットの素手武術であるパーフユッダと言われている。
国技ではあるが、同じ国技でも日本の相撲とは選手に対する扱いがなり異なっており、タイ国内ではムエタイ選手の社会的な地位は決して高くない。これはムエタイの競技は賭博の対象となっており、貧困層のスポーツと見なされているからである。しかしムエタイの試合でよくみられる「首相撲」は非常に高度な技術を持つ者同士でないと成立しない駆け引きであり、それゆえムエタイを修得した者は総じて身体能力の高い選手であることが多い。

そういった背景もあってか、ウィラポン・ナコンルアンプロモーションやセンサク・ムアンスリンなどのように、ボクシングに転向して数戦で世界王者に輝く選手もいる。また、サーマート・パヤクァルンのようにムエタイとボクシングを掛け持ちで行う選手もいる。
最近ではタイの近代化が進み日本よりも大卒の価値が高いなどの社会的背景もあり、無理にでも大学に行って高給取りを狙う若者が増えた結果、ムエタイに優秀な人材が流れなくなっているような側面もある。

ムエタイが好きな方はこんなチケットもおすすめ