MotoGP 日本グランプリは、国際モーターサイクリズム連盟が主催する二輪レースの最高峰カテゴリーMotoGP(ロードレース世界選手権)の日本ラウンドである。その歴史は1949年からと非常に古く、現在ではMoto3、Moto2、MotoGPの3つのクラスが存在する。中でもかつての500ccクラスが2002年より現在の名称となったMotoGPクラスでは、世界各国からトップライダーたちが集結し、トップオブトップを目指して日々しのぎを削りあう。チームはHonda、ヤマハ、スズキ、ドゥカティ、アプリリアの5チームに加え、ワークスマシンの貸与を受けているサテライトチームが参戦している。世界各地の名サーキットを舞台に行われ、訪れる何万人もの観客を熱狂させ続けるMotoGPの日本ラウンド、MotoGP 日本グランプリから目が離せない。

MotoGP 日本グランプリの日程

440人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

MotoGP 日本グランプリのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/28 00:00更新)

MotoGP 日本グランプリのチケットについて

トップライダーの共演!MotoGP 日本グランプリの魅力とは

MotoGP 日本グランプリは、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が主催する二輪レースの最高峰カテゴリーMotoGP(ロードレース世界選手権)の日本ラウンドである。

その歴史は1949年からと非常に古く、現在ではMoto3、Moto2、MotoGPの3つのクラスが存在する。中でもかつての500ccクラスが2002年より現在の名称となったMotoGPクラスでは、世界各国からトップライダーたちが集結し、トップオブトップを目指して日々しのぎを削りあう。バトルは世界各地の名サーキットを舞台に行われ、訪れる何万人もの観客を熱狂させている。現在では、最大排気量1000cc、シリンダー数4気筒以下、最大ボア径81mmの4ストローク・レシプロエンジンを搭載したマシンが採用されており、トップライダーたちによる高速バトルはとても熱いものとなっている。チームはHonda、ヤマハ、スズキ、ドゥカティ、アプリリアの5チームに加え、ワークスマシンの貸与を受けているサテライトチームが参戦している。

2016年には、オープンクラスの廃止、共通ECUの義務化、ミシェランタイヤへの変更など、いくつかのレギュレーションの改訂があり、ライダー、チーム共にこれまで以上にしのぎを削るMotoGP 日本グランプリから目が離せない。

MotoGP 日本グランプリが好きな方はこんなチケットもおすすめ