Motion City Soundtrack(モーション・シティ・サウンドトラック)とはアメリカのミネソタ州ミネアポリス出身の1997年結成のパンクバンド。メンバーの入れ替えを経て現在のメンバー、ジャスティン・ピエール(Vo./Gt.)、ジョシュア・ケイン(Gt.)、ジェシィ・ジョンソン(Syn./Key.)、マシュー・タイラー(Ba./P.)、トニー・サクストン(Dr.)の5人で2003年エピタフ・レコードからデビューとなった。ドラマーは現在クラウディオ・リベラとなっている。2011年現在はメンバーで設立したザ・ブーンボックス・ジェネレーションというレコードレーベルに所属している。彼らのパンクミュージックはパンク特有のノリの良さとメロディックなサウンドが特徴的である。

Motion City Soundtrackの日程

7人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Motion City Soundtrackの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Motion City Soundtrackのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

Motion City Soundtrack(モーション・シティ・サウンドトラック)について

Motion City Soundtrack(モーション・シティ・サウンドトラック)の魅力とは

ミネソタ州ミネアポリスで産声を上げたMotion City Soundtrack(モーション・シティ・サウンドトラック)。
彼らのパンクミュージックはパンク特有のノリの良さとメロディックなサウンドが特徴的である。
2003年1stアルバム「I Am the Movie」をリリース、2005年、2ndアルバム「Commit This to Memory」をリリース。
この2ndアルバム「Commit This to Memory」はビルボードUSインディー・チャートで2位を獲得すると、その人気の勢いを加速させ、2007年には3rdアルバム「Even If It Kills Me」をリリース。初登場でビルボードのアルバムチャート17位に位置づけ、USインディー・チャートではついに1位を獲得し米AP誌「2007年最も期待するアルバム」特集号では表紙を飾った。

音楽活動も活動も2003年から13年たち円熟してきたところで2016年3月、突然の「無期限活動休止」を発表した。
親日家でもあるMotion City Soundtrack(モーション・シティ・サウンドトラック)の現状では最後のワールドツアーでの最後の来日、ライブは見逃せない。

Motion City Soundtrackが好きな方はこんなチケットもおすすめ