森川美穂は大阪府出身の歌手である。1985年、シングル「教室」でデビュー。アイドル歌手としてのキャッチコピーは「多感世代のヴォーカルヒロイン」だった。曲のテーマや高い歌唱力で話題になると、1987年にはCHAGE and ASKAとして活動していた飛鳥 涼による作詞作曲のシングル「おんなになあれ」と「PRIDE」がヒット。学園祭にも数多く出演し、「学園祭の女王」と呼ばれたのもこの頃であった。1990年にはNHKアニメ「ふしぎの海のナディア」の主題歌をリリースするとこれが自身最大のヒットとなり大きく注目を集めた。森川美穂はその他にも蜷川幸雄演出ミュージカル「三文オペラ」や劇団四季のミュージカル「アイーダ」などに出演、多方面でその才能を発揮している。

森川美穂の日程

7人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

森川美穂のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

森川美穂について

森川美穂とは

森川美穂はヤマハボーカルオーディション「ザ・デビュー」で約1万人の中からグランプリを受賞した経験を持つ歌唱力の持ち主。同じレコード会社の先輩である菊池桃子の妹分として売り出されていたが本人は渡辺美里、小比類巻かほる、中村あゆみらと同じ音楽性を希望していたというアーティスト志向の強いアイドルだったと言える。
1985年、シングル「教室」でアイドル歌手としてデビュー。当時は卒業をテーマにした歌が溢れる中、「教室」は退学をテーマにしていたこともあり話題に。アイドルとしてデビューしたにも関わらずその歌唱力の高さもあって注目されることとなった。

1987年にはCHAGE and ASKAとしても活動していた飛鳥 涼作詞作曲のシングル「おんなになあれ」、と「PRIDE」がヒット。学園祭にも数多く出演し、「学園祭の女王」と呼ばれたのもこの頃であった。1990年にはNHKアニメ「ふしぎの海のナディア」の主題歌「ブルーウォーター」をリリースするとこれが自身最大のヒットなり注目を集めた。

その他にも蜷川幸雄演出ミュージカル「三文オペラ」や劇団四季のミュージカル「アイーダ」などに出演。
多方面でその才能を発揮している。現在はそのキャリアが認められ大阪芸術大学演奏学科の准教授としてヴォーカル実技を担当し、後進の指導にあたっている。

森川美穂が好きな方はこんなチケットもおすすめ