森 昌子は栃木県出身、株式会社おんがく工房に所属する演歌歌手だ。父から音楽を教えられた森 昌子は1971年、日本テレビの人気番組であった「スター誕生!」に出場し初代のグランドチャンピオンに。ホリプロに所属し芸能界に入ることを決めると、1972年に阿久 悠作詞の「せんせい」で歌手デビューを飾った。この曲は瞬く間に大ヒットとなり、第24回NHK紅白歌合戦に出場。この時15歳であり、当時の女性最年少記録となっている。2017年にはデビュー45周年を記念し、「百年の恋歌」、アルバム「百年の恋歌~時を超えて~」をリリース。「森昌子 45周年記念コンサート~爆笑!昭和お茶の間劇場2~」の開催など精力的活動している。

森昌子の日程

49人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

森昌子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/25 12:00更新)

森昌子について

森昌子の魅力とは

森 昌子は、2017年にデビュー45周年を迎える演歌歌手である。1972年にデビューすると、山口百恵、桜田淳子らと共に“花の中三トリオ“として一躍人気に。1973年には「男じゃないか・闘志満々」で銀幕デビューを果たし、市村泰一監督の「としごろ」では主役に抜擢されるなど時の人となった。「中学三年生」、「おかあさん」、「あなたを待って三年三月」など数々のヒット曲を飛ばすと、高校を卒業し、本格的に演歌の道へ。それまでは事実上アイドルとしての活動がメインとなっていたが、その歌唱力に磨きをかけ、「彼岸花」のような難しい曲も歌える実力派へと成長することとなった。1981年には「哀しみ本線日本海」で第32回NHK紅白歌合戦に出場し、初の紅組のトリに抜擢。1983年には「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。紅白へは2006年までに15回の出場を果たし、これまでに日本歌謡大賞、全日本有線放送大賞、日本作詩大賞、FNS歌謡祭 歌謡音楽賞、古賀政男記念音楽大賞 優秀賞など、日本の主要な音楽賞のほとんどを受賞するという功績を残している。音楽活動の他にも「明日へ」や「それはじんせい」などの著書も出版しており、森 昌子は幅広い分野で活躍している。

森昌子が好きな方はこんなチケットもおすすめ