森 大輔は、2004年から活動しているシンガーソングライター。1981年12月10日生まれの大阪府豊中市出身であり、所属事務所がファンキー・ジャムである。3歳からクラシックピアノをはじめ、大学の音楽科を卒業するまでピアノテクニックの研鑽を積む傍らで中学時代から作曲活動をスタートするなど独自の音楽の世界観を構築していった。2004年に1stシングル「TRUST ME」でデビューを果たし、翌2005年には1stアルバム「OPUS ONE」を発表。本作で「ADLIB AWARDS 2005」の国内ニュースター賞を受賞するなど高い評価を以って受け入れられた。そのほか作詞・作曲・編曲まで全てをこなし他アーティストへの楽曲ならびに編曲提供をおこなうと、そちらでも好評を博している。

森大輔の日程

35人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

森大輔の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

森大輔のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/17 06:00更新)

森 大輔について

森 大輔の魅力とは

森 大輔は、大阪府出身のシンガーソングライター。幼少期からクラシックピアノをはじめ中学時代にはすでに作曲をスタートさせるなど、音楽的センスを伸ばしつつ音楽理論を身に付けており、実力派として知られている。2004年に1stシングル「TRUST ME」でデビュー。徐々に知名度を上げていき、2005年リリースの1stアルバム「OPUS ONE」では、各所から高い評価を受けている。

それ以来コンスタントに楽曲を発表し続けており、創作意欲は衰えることなく他アーティストへの楽曲提供へと活動の場を広げながら益々の活躍と新境地の開拓をおこなっている。特に楽曲提供に関しては、所属事務所の先輩でもある久保田利伸の楽曲製作に参加しているほかKinKi Kidsや倖田來未、EXILE ATSUSHI、三代目J Soul Brothers、Sexy Zone、A.B.C-Z、JUJUといった著名アーティストへの楽曲提供の実績を誇っている。また昨今では2017年7月に上演されたミュージカル「ボクが死んだ日はハレ」での音楽を全面的に手掛けるなどさらなる新境地を開拓し続けており、今後の活躍にも期待が寄せられている。

森大輔が好きな方はこんなチケットもおすすめ