MOP of HEADとはクラブミュージックなどの演奏で高い評価を得るインストゥルメンタルロックバンド。2006年に結成され独自性の高い音楽でファンを驚かせる。クラブミュージックを始めダブステップなど実に多彩な音楽を披露。彼らの個性と自由度の高い音楽はファンを始め業界でも異色な存在でありその存在感は圧倒的。高い演奏力とハイテンションなサウンドに魅了される者が続出している。聴く側に限らず弾く側である彼ら自身もまた音楽を「楽しむ」ことを前提にしており、いかにポジティブなサウンドを貫けるかが肝となっている。音楽性を追求し同期系機材を使わないという斬新な手法で活動を進めており、それも彼らの個性が現れる所でもある。そんな中でこれだけの音楽性を披露することができるのはやはりそれだけの実力と音楽に対する強い想いのなせる技である。

MOP of HEADの日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

MOP of HEADの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

MOP of HEADのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 00:00更新)

MOP of HEADについて

MOP of HEADの魅力とは

MOP of HEADとはクラブミュージックやブレイクビーツなどで高い人気を誇るインストゥルメンタルロックバンドである。結成からすぐに実力を発揮、独自性が高く中毒性の高いサウンドを披露することで話題となる。彼らの得意とするのはクラブミュージックなどのハイテンポ、ハイテンションサウンド。ひたすら「快感」を追求することで高い音楽性を見出すことに成功している。メンバーはマシーンキーボードにGeorge、ギターにTakuma Kikuchi、ベースにHitomi KuramochiそしてドラムにSatoshi Yamamotoの4人。大型フェス「フジロック」への出演も果たしており実力人気共にトップクラス。自然と身体が動き出すそのサウンドはフェスでは大盛況、その場で虜になるファンも多い。インストゥルメンタルバンドとして確固たる地位を築き上げた彼らだが、2016年にファンの間で衝撃が走る。その年は結成からちょうど10年、その節目の年に本バンドとして初めて歌の入ったアルバム「and Touch You」を手掛けた。実は以前にもベースのHitomiによる歌の入った曲は存在したが、アルバムにおいて全曲ボーカル入りとなるのは初。これは長い間インストゥルメンタルとして活動してきた上で最大のチャレンジであり、同時に新たなスタートとなる。こうした形が取れるのはインストゥルメンタルとして実績を残し人気を得た彼らにしかできないこと。新たな存在感を引き出す戦術でもある。

MOP of HEADが好きな方はこんなチケットもおすすめ