映画 ムーミン谷とウィンターワンダーランド 舞台挨拶取扱中!たのしいムーミン一家とは1948年にフィンランドの作家トーベ・ヤンソンにより出版された童話である。フィンランドをはじめ世界中で大きな人気を集めたキャラクター、ムーミン。日本でも同様にテレビアニメが放送されるなど一躍世界的キャラクターとして知られることになる。2014年にはトーベ・ヤンソン生誕100周年を記念した新装版が登場、さらに2017年にはフィンランドの独立100周年を記念したムーミンのイベントを開催するなどムーミンの登場から半世紀以上が経つ現在も変わらぬ人気を持ち続けている。そして同年冬にはクリスマスをテーマにしたムーミンの映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」が公開。絵本から飛び出したような世界観でムーミンが初めてクリスマスに出会う姿を描いている。

映画 ムーミン谷とウィンターワンダーランド 舞台挨拶

100人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ムーミンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 06:00更新)

たのしいムーミン一家について

たのしいムーミン一家の魅力とは

たのしいムーミン一家とはトーベ・ヤンソン原作、童話として登場しその後アニメや映画など様々な展開を見せる世界的人気作品である。幼い頃からアートに魅せられて育った彼女は10代にしてイラストレーターとして活動、その後は世界を回りさらなる芸術の視野を広げ、ムーミンシリーズの第1作目「小さなトロールと大きな洪水」が1945年に出版。世界各地で大ヒットする「たのしいムーミン一家」を1948年に発表、本作がムーミンシリーズの3作目に当たり以降フィンランドを代表する作品となった。ムーミンシリーズには主人公であるムーミントロール、通称ムーミンをはじめ数々の個性的なキャラクターが登場。そんなキャラクター達の生活や冒険を描いた作品がムーミンシリーズ、「たのしいムーミン一家」はまほうの帽子を拾ったことによるムーミンによる冒険が描かれており、まほうを通して「幸せ」についてを問いかける作品となっている。全体を通してメッセージ性が強いのも本作の魅力。特にキャラクターの1人スナフキンの言葉に魅了される人も多く、彼の生き方や考え方には不思議な説得力を感じてしまう。今や世界的キャラクターの1つとなったムーミン、既に原作者は亡くなっているが彼女の考えや想いはムーミンを通し全世界へと広がっているだろう。

たのしいムーミン一家が好きな方はこんなチケットもおすすめ