MOKOMA(モコマ)はフィンランドで最も成功したと言われるバンドである。1999年にデビュー。これまでリリースしたアルバムはヒットを連発し、フィンランドにおいては数々のチャートで1位を獲得している。歌詞を担当するのはフロントマンであるMarko Annala。全編フィンランド語で書かれたその歌詞は独特の世界観を放ち、Markoはフィンランドで有数の名作詞家と評されている。デビュー後は自身の音楽ルーツを探るべく1度メジャーを離れており、その後自主レーベルの「SAKARA RECORDS」を立ち上げた。日本でのデビューがないのも関わらず来日し見せたLoud Parkでのパフォーマンスは話題となり、MOKOMAは日本においても人気のバンドとなっている。

MOKOMA(モコマ)の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

MOKOMAの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

MOKOMAのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

MOKOMAについて

MOKOMAの魅力とは

フィンランドで最も成功したと言われるバンド MOKOMA(モコマ)。2003年にリリースしたシングル「Takatalvi」、アルバム「Kurimus」は大ヒットを記録し、メタルでは異例の本国チャートトップ40入りを果たしている。翌2004年には「Taman mailman ruhtinaan hovi」をリリースし、これがチャート2位を記録。この作品でMOKOMAは完全なるブレイクを果たすこととなった。「Taman mailman ruhtinaan hovi」はへヴィメタルではクラシックとも言われており、その後リリース10周年を記念したライブも開催。収録された全曲が演奏されている。

これまでに来日も果たしており、ヘヴィメタルフェス「Loud Park」にも2013年に出演。そのパフォーマンスは突出しており、日本でも多くのファンを獲得している。その後も「180 astetta」、「Kuollut Kuolleempi Kuollein」、「Valkoista kohinaa」、「Punamultaa」、「Mokoma」と次々にヒットを重ね、その音楽性も確立したMOKOMAはヘヴィメタルを語る上で欠かせないバンドとなっている。

MOKOMA(モコマ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ