5回目を迎えるモエレ沼芸術花火 2016は、彫刻家イサム・ノグチによって手がけられた北海道札幌市にあるモエレ沼公園にて開催される花火大会である。「市民力」を原動力に2012年より始まり、地域住民や地元企業、学生ボランティアなどが集結し、地元に根付いた「まちのお祭り」をコンセプトに掲げている。会場であるモエレ沼公園は「大地の彫刻」と呼ばれ芸術性の高い公園として有名である。会場の特性を活かし、日本を代表する花火師たちにより織り成される、イサム・ノグチの彫刻芸術と花火の共演は圧倒的な美しさを誇る。また、音楽とシンクロした演出や、他の花火大会ではなかなか見ることができない特大スケールの「尺玉(10号玉)」が40発以上打ち上げられるなど、音と光、そして芸術によって創り出される独創的なアートを体感することができる。モエレ沼芸術花火でしか観られない「芸術花火」を観に足を運んでみてはいかがだろうか。

モエレ沼芸術花火 2017の日程

276人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

モエレ沼芸術花火 2016の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

モエレ沼芸術花火 2016のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 18:00更新)

モエレ沼芸術花火 2016について

モエレ沼芸術花火 2016の魅力とは

モエレ沼芸術花火 2016は、北海道札幌市にあるモエレ沼公園にて開催される花火大会だ。彫刻家イサム・ノグチによって手がけられ「大地の彫刻」と呼ばれるモエレ沼公園を舞台に、音楽と花火、そして芸術を融合させたアートを目にすることができる。
2016年で5回目を迎えるモエレ沼芸術花火は、「子どもたちに未来を」という思いから市民の力によって立ち上げられ、2012年に「モエレサマーフェスティバル」という名で始まった。2014年から現在の名称である「モエレ沼芸術花火」に変わり、その名通り舞台であるモエレ沼公園の特性を活かし、芸術性の高い演出を強みとする花火大会へとパワーアップした。
同大会の見どころは、特大スケールの「尺玉(10号玉)」が40発以上打ち上がり他の花火大会ではなかなか見られない迫力ある演出や、プログラミング技術により音楽のリズムや曲調に合わせて打ち上げられる花火は繊細に表現され感動を与えてくれる。また、広大な面積と奥行き、横幅、高低差を活かした立体的な演出や、高さ150m以下の小型花火だけを用いて、イサム・ノグチの彫刻芸術と花火が共演する「庭園花火」も見どころの1つである。全国花火競技大会で内閣総理大臣賞の受賞歴を持つ花火会社3社がタッグを組み、光と音楽がシンクロする「芸術花火」を創り上げ、夜空を美しく彩るアートに魅了されるだろう。
モエレ沼芸術花火でしか見ることのできない、花火、音楽、芸術が織り成す幻想的な世界観を是非体感してほしい。

モエレ沼芸術花火 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ