溝口肇 Music Book取扱中!溝口 肇は、テレビ朝日系紀行番組「世界の車窓から」のテーマ曲などで知られるニューエイジ・ミュージックを代表するチェリストだ。3歳よりピアノを習い、11歳でチェロを手がけ、東京芸術大学音楽部器楽科チェロ専攻を修了。1986年にアルバム「ハーフインチ・デザート」でCBSソニーよりデビューする。以来クラシック、ポップスなどのジャンルを超えた幅広い分野で演奏・作曲活動を展開。数々のオリジナルアルバムをはじめ、テレビドラマや映画などの音楽を担当。TOKYO FMの音楽番組「JET STREAM」のオープニング&エンディング「ミスター・ロンリー」のチェロの調べは、多くのリスナーの心を癒している。2016年にはデビュー30周年を迎え、銀座ヤマハホールで記念コンサートを開催し、満員の観客を魅了した。

溝口肇 Music Book

13人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

溝口肇のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 00:00更新)

溝口肇について

溝口肇の魅力とは

溝口 肇は、心の琴線に触れる旋律と美しい弦の調べで高い人気を誇るチェリストだ。1987年から30年間続いている長寿番組「世界の車窓から」のテーマ曲をはじめ、TOKYO FM「JET STREAM」やBSフジ「ヨーロッパ空中散歩」など数多くの番組のテーマ曲を手がけ、番組の映像やイメージにフィットした珠玉の旋律を生み出している。

1986年にアルバム「Halfinch Dessert」でデビューして以来、2017年3月発売のセルフカヴァーアルバム「Music Book -in the mood for jazz-」まで20枚を越えるアルバムを発表。クラシックからポップス、ロックまで幅広いジャンルにわたり演奏・作曲活動を展開している。また、映画「東京タワー」をはじめ、テレビドラマ「星の金貨」、アニメ「ときめきメモリアル Only Love」などの音楽を担当するほか、数々のCMの音楽も手がけている。

2009年の「一青 窈 コンサート with 東京フィルハーモニー交響楽団」や2013年の「GACKT× 東京フィルハーモニー交響楽団『華麗なるクラシックの夕べ』」ではフルオーケストラアレンジを担当。ソロリサイタルや恒例のクリスマス・チャペルコンサートは即SOLD OUTとなる人気を誇っている。

溝口肇が好きな方はこんなチケットもおすすめ