宮武一貴とは日本で活躍するイラストレーターだ。神奈川県出身、幼い頃の経験からメカニックデザイナーとして多大な才能を発揮する。アニメ作品に登場するロボットなど多くのメカニックデザインを担当。さらに小説の挿絵からゲームなどイラストレーターとしてトップクラスの活躍を見せる。これまで担当したイラストは実に多岐に渡り、マジンガーZ、宇宙戦艦ヤマト、中にはドラえもんにするメカニックも担当するなど非常に幅が広い。イラストレーターとしては日本でもトップクラスであり自身の画集の発売や個展の開催など人気のほどが伺える。持ち味である細かいディテールと男心をくすぐる機械美が出せるのは、彼の圧倒的な知識量であり、昨今ではイラストレーターの域を超えたコンセプトデザイナーとしての活動も行っている。

宮武一貴の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宮武一貴について

宮武一貴の魅力とは

宮武一貴は神奈川県出身。幼い頃の経験からメカニックデザインに精通し、イラストレーターとして活躍する日本でもトップクラスのアーティストである。宇宙戦艦ヤマトなどの制作を手掛けたスタジオぬえに所属。自身もメカニックイラストレーターとして多くの作品の制作を手掛けてきており、SF作品を中心に艦隊など宇宙船のデザインに携わってきた。

そのきっかけとなるのは幼少期の陸上自衛隊基地への接触。自身の父の仕事柄なにかと基地へと出向くことが多く、彼もまた共に入ることが多かった。その経験を活かしたデザインから素人時代には小説の執筆も行うなど幅の広い才能を見せつけていた。彼の参加した作品は非常に多く、日本を代表するSF作品を多く手掛けている。ビジュアルはもとより内部構造、昨今では作品全体のコンセプトまで務めることもあり多くのアーティストに影響を与えている。

細かいディテールを特徴としているのは彼ならではの信条が要因となっており、作品制作には「アナログ」を常に意識している。そのためか携帯やパソコンも持っていない。彼の代名詞として有名なのが「透明図解」である。これは彼がアルバイト時代に描いたものであり、マジンガーZで使われたことがファンの間では有名。その後数々の作品で見られることになり当初からの才能の豊かさを伺える。日本のSF界を突き進んだ人物であり、高い実力の持ち主。その活躍はまだまだ衰えを知らない。

宮武一貴が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す