宮田幸季(みやた こうき)は、81プロデュース所属の男性声優である。生年月日は1972年10月9日生まれで、神奈川県出身である。声優としては、1993年のラジオCMのナレーションを経て、1996年にOVA「いつかのメイン」の雷少年役でデビューを果たした。なお、テレビアニメ最初のレギュラー作品は、同じく1996年からスタートした「ハーメルンのバイオリン弾き」での「ベース」と「リュート」役である。男性声優としての特徴は中性的な声色であり、女の子のような声から少年、ハムスターの声まできっちり演じ分ける。また、歌声には定評があり、演じているキャラクターとして歌い上げる歌唱力の高さは、声優界でも一目置かれている。

宮田幸季の日程

23人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宮田幸季の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宮田幸季のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/25 18:00更新)

宮田幸季について

宮田幸季の魅力とは

宮田幸季(みやた こうき)は、1972年10月9日生まれ、神奈川県出身の男性声優である。声優としての仕事は幅広く、自身の最初の仕事にもなったラジオCMのナレーションをはじめ、テレビCM、アニメ、ゲーム、映画の吹き替え、音楽CDで活躍している。

特にアニメへの出演が多く、テレビアニメ最初のレギュラー作品となった「ハーメルンのバイオリン弾き」を筆頭に、「とっとこハム太郎」や「弱虫ペダル」「Free!」「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION」などの人気作品に出演している。

また、映画「ホビット」シリーズでは吹き替え声優として参加している。小さい頃から舞台が好きで様々な劇団を観劇していた事と、大学時代にテレビドラマ「世にも奇妙な物語」のエキストラで出演したことをきっかけに、役者への道と自分のコンプレックスでもあった声を使った仕事を意識するようになった。そして1993年3月にラジオCMのナレーションでデビューを果たした。当初は、宮田始典(みやた はるのり)という芸名で、「天空の城ラピュタ」のシータ役で知られる女性声優のよこざわけい子が代表取締役を務めるゆーりんプロに籍を置いていたが、現在の81プロデュースに移籍した際に、今の芸名に改名している。

宮田幸季が好きな方はこんなチケットもおすすめ