宮田 大は栃木県宇都宮市出身のチェロ奏者である。2009年ジュネーヴ音楽院卒業、2013年にクロンベルク・アカデミー修了。音楽教師の両親のもとで3歳よりチェロを始める。9歳から出場する多くの音楽コンクールにおいて、全て1位での入賞を果たしている。2009年に第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人としては初の優勝者となる。倉田澄子、フランス・ヘルメルソンなどの多くの師に教授を受けている。国内のオーケストラはもちろんのこと、パリ管弦楽団、フランクフルトシンフォニエッタ、S.K.ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団などとも共演している。テレビなどのマスメディアにも出演している。

宮田大の日程

67人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

紀尾井ホール他5会場

ミューザ川崎シンフォニーホール

ヤマハホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宮田大のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 12:00更新)

宮田大について

宮田大の魅力とは

宮田 大は日本を代表するのチェロ奏者である。華々しいほどの経歴を持つ彼は世界からも高い評価を得ている。テレビにも出演しているので、クラシック音楽にそれほど興味のない人でも知っているのではないだろうか?そんな彼がどのようなものをイメージしながら演奏しているか?それは演じる場所の環境に大きく影響を受けている。彼が生み出す音楽は特別なものを込めたものではなく、そこに溢れる自然や人間模様。そういったものをチェロにて美しく表現している。つまり彼は凝り固まったイメージに囚われない。どの場所、どの地域、どの国であろうとそこにある景色の美しさを映し出していて、彼の音楽は世界の人々の心に届く。チェロという壮大さや美しさを表現できる楽器は彼の感性を表すのには最適な道具、何にも変えられないパートナーである。それは彼の演奏を間近で聴けば理解して頂けるだろう。彼とチェロの一体感。彼がチェロに与えている心によって、優雅な響きが生まれ出る。それは観客に静かな安らぎを提供してくれるだろう。他オーケストラとの共演ともなればそこにしかない物語が誕生する。その物語に触れてしまったなら、この上ない感動が観客の心を貫くだろう。

宮田大が好きな方はこんなチケットもおすすめ