三柳香織はサックス奏者である。中学の頃からブラバン部へ入り音楽に親しんできた彼女であったが、本格的にサックス奏者を志したのは大学時代。大阪音楽大学音楽学部器楽学科に進学すると本格的なレッスンを受け朝から晩までの練習漬けの日々が始まった。その後パリへ留学。ナンテール市立音楽院、フランス国立セルジーポントワーズ音楽院でサクソフォン、室内楽を専攻した。海外留学中も、ソロ・アンサンブルでの演奏活動も積極的に行った。帰国後は講師として後進の育成をしつつ、関西を中心にサクソフォンリサイタルを開催。アートとのコラボレーションや市民オーケストラのエキストラ等、ジャンルにこだわることなく幅広い演奏活動を続けている。

三柳香織の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

三柳香織について

三柳香織の魅力とは

「中学に入ったら一緒にブラバンに入ろうね」という卒業間近に交わした友人との交換日記がきっかけでサックスを始めた三柳香織。テニス部に入るつもりが、その友人に連れられブラスバンド部へ。春はマーチング、夏は吹奏楽コンクールと1年を通して音楽に追われる楽しい日々が始まったという。中学卒業前に阪神大震災に被災したものの無事高校へ進学。ここでもブラスバンド部に所属し先輩に連れて行かれたサックスのコンサートに感銘を受け、自身も人に感動を与えたいと思うようになる。
大阪音楽大学音楽学部器楽学科に進学すると本格的なレッスンを受け朝から晩までの練習漬けの日々が始まった。その後パリへ留学。ナンテール市立音楽院、フランス国立セルジーポントワーズ音楽院でサクソフォン、室内楽を専攻した。この留学中もソロ、アンサンブルで演奏活動も積極的に行っていった。フランス人の自由な考え方やパワーを吸収し、様々な趣味も追及。
その後帰国し音楽教室の講師を務めつつ、関西を中心にサクソフォンリサイタルを開催。アートとのコラボレーションや市民オーケストラのエキストラ等、ジャンルにこだわることなく演奏活動を精力的に続けている。

三柳香織が好きな方はこんなチケットもおすすめ