宮本美季は東京都出身のシンガーソングライター。4歳の頃からピアノを始め、10歳の頃から作曲に興味を持ち始める。吉祥女子高等学校音楽科声楽コースを卒業後、アメリカのボストンにある名門音楽大学、バークリー音楽院に入学。在学中はR&Bやポップスにジャズなどの幅広い音楽ジャンルを学びながら、自身のオリジナルに重点をおいて精力的にライブ活動をおこなった。卒業後は2005年にNYに拠点を移して音楽活動をおこなっており、2007年にミニアルバム「Dear…」をオンラインでリリースし、日本へと帰国した。その後は都内の芸能養成所や音楽専門学校などで講師を務めながらライブ活動などをおこなっていた。

宮本美季の日程

23人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宮本美季の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宮本美季のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 00:00更新)

宮本美季について

宮本美季の魅力とは

海外での経験を活かして楽曲を提供する宮本美季。4歳の頃からピアノを始め、10歳の頃から作曲に興味を持ち始める。吉祥女子高等学校音楽科声楽コースを卒業後、アメリカのボストンにある名門音楽大学、バークリー音楽院に入学。在学中はR&Bやポップスにジャズなどの幅広い音楽のジャンルを学びながら、自身のオリジナルに重点をおいて精力的にライブ活動をおこなった。卒業後は2005年にNYに拠点を移して音楽活動をおこなっており、2007年にミニアルバム「Dear…」をオンラインでリリースし、日本に帰国した。その後は都内の芸能養成所や音楽専門学校などで講師を務めながらライブ活動などをおこなっていた。

2013年にはNYから来日したシアター系バレエ団、The Love Showと自身のプロジェクトバンドGirls Departmentとのコラボレーションショーをおこない、さらにはミュージカルにも初挑戦している。2016年にはテレビ東京の「Theカラオケバトル」に出演して注目を集め、ファーストアルバム「IppoIppo」のタイトルソング「Finding my way」はテレビ番組「主治医が見付かる診療所」のエンディングテーマとなっている。

宮本美季が好きな方はこんなチケットもおすすめ