京都五花街合同公演 都の賑いは、京都の「おおきに財団」が主催する毎年6月に行われる舞踏公演である。京都を代表する5つの花街である「祇園甲部・宮川町・先斗町・上七軒・祇園東」が一斉に集い、6月の京都を彩る恒例の合同公演で、2017年は24回目を迎える。歴史と伝統を誇る芸舞妓総勢約100名が一堂に会し、それぞれの花街の流派の舞を披露することから、京都の初夏の風物詩として知られるイベントである。また、極め付けは五花街の舞妓20名による「舞妓の賑い」も見る事ができ、贅沢で見応えのある公演として人気を呼んでいる。京の花街が誇る伝統伎芸を間近で体験できる華やかでぜいたくな舞台で、艶やかで夢のような雰囲気に包まれてみてはいかがだろうか。

京都五花街合同公演 都の賑いの日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

都の賑いの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

都の賑いのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/20 12:00更新)

京都五花街合同公演 都の賑いについて

京都五花街合同公演 都の賑いの魅力とは

京都五花街合同公演 都の賑いは、2017年で24回目を迎える舞踏公演である。毎年6月の初夏の京都で行われ、初夏の風物詩として有名なイベントの一つである。主催は、歴史ある京都の伝統文化を守る為に活動を続ける「おおきに財団(京都伝統伎芸振興財団)」によるものである。注目すべき点は、京都を代表する5つの花街である「祇園甲部・宮川町・先斗町・上七軒・祇園東」が一斉に集い、華麗な舞を披露するところである。一言で京都と言えど、長い歴史の中においてそれぞれの花街が美を競い合い、伎芸を磨きあげることによって花街ごと異なる流派が誕生して来た。京都五花街合同公演 都の賑いでは、それぞれの流派ごとに少し異なる舞を楽しむ事ができる。なお、公演はそれだけではなく、花街の舞妓20名が勢揃いし「舞妓の賑い」も同時に鑑賞する事ができ、京都きっての華麗な舞台を楽しむ事ができる。五花街の舞妓が一堂に介すイベントは、京都五花街合同公演 都の賑いだけなので、一度は見ておく価値があると言える。歴史ある京都の花街が誇る伝統伎芸を保存し、代々継承する稀有なイベントで、実際に華やかで艶やかな花街の空気を実感してみるのもいいかもしれない。

京都五花街合同公演 都の賑いが好きな方はこんなチケットもおすすめ