宮島水中花火大会は広島県で毎年8月11日に開催され、約5,000発の花火が1時間に渡り打ち上げられる。本大会の特徴は、その名の通り「水中花火」が目玉で、走行する水中花火船から、点火した花火玉が次々と海中に投げ込まれ打ち上げられる。宮島水中花火大会の最大の魅力は、そのロケーション。世界遺産である厳島神社の大鳥居と日本三景の安芸の宮島を、花火と一緒に楽しめるという宮島ならではの贅沢な競演を目にすることができる。花火を背景に、その光によって創り出される大鳥居のシルエットはまさに絶景。そしてこの最高のロケーションということで、多くの写真愛好家が訪れることでも有名である。また、屋台も多数出ており、広島の名産品が屋台に集まり 、広島の味をじっくり堪能しながら、花火を見るのもまた楽しみの1つ。2016年から8月11日は祝日として「山の日」が制定されたため、遠方の方も旅行の一環として遊びに行ってみてはいかがだろうか。

宮島水中花火大会の日程

125人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宮島水中花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宮島水中花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/24 12:00更新)

宮島水中花火大会について

宮島水中花火大会の魅力とは

2016年で第44回を迎える宮島水中花火大会は毎年8月11日に広島県で開催されている花火大会だ。
1時間にわたり約5,000発の花火が打ち上げられ、夏の夜空を華やかに彩ることも勿論だが、特筆すべきは、その名の通り「水中花火」だろう。「水中花火」は、予め水上にセットされた花火を水上で爆発させる「水上花火」とは打ち上げ方が異なり、花火に燃料剤が入っているため水中でも消えないという特性を持っており、船の上などから水中に向かって打ち込むのが特徴である。走行する水中花火船から、点火した花火玉が次々と海中に投げ込まれ打ち上げられる様は、他の花火大会ではなかなか見ることはできない。

そして宮島水中花火大会の最大の魅力は、そのロケーション。
世界遺産である厳島神社の大鳥居と日本三景の安芸の宮島を、花火と一緒に楽しめるという宮島ならではの贅沢な競演を目にすることができる。花火を背景に、その光によって創り出される大鳥居のシルエットはまさに絶景。その幻想的な世界観は中国地方で高い評価を得ている。そしてこの最高のロケーションということで、多くの写真愛好家が訪れることでも有名である。厳島神社の大鳥居と宮島の水中花火を一緒に写してこそ、素晴らしい写真が完成される。

また、屋台も多数出ており、広島の屋台では「はしまき」という、お好み焼きをはしに巻きつけたような感覚の食べ物が名物。その他にも、広島の名産品が屋台に集まり 、広島の味をじっくり堪能しながら、花火を見るのもまた楽しみの1つ。2016年から「山の日」が制定されたため、以前よりも足を運びやすくなった宮島水中花火大会へ、今年の夏は遊びにいってみてはいかがだろうか。

宮島水中花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ