宮川彬良は東京都出身の作曲家・ピアニスト。父は作曲家・ピアニストの宮川 泰、母はバイオリニストの宮川由利子である。音楽一家で影響を受け、高校卒業後は東京芸術大学音楽学部作曲科に入学するが中退。高校時代から父との関係で「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」に関わり、大学在学時には劇団四季の作曲・編曲・指揮を担当。「東京ディズニーランド」のショーに使われる音楽も手掛け、大学中退後には多くのミュージカルやドラマ・アニメのBGMなどを手掛けている。2004年には松平 健が歌う「マツケンサンバⅡ」が大ヒット。またNHKの音楽番組「クインテット」の出演者として長年親しまれ、NHK-BSの「どれみふぁワンダーランド」にも出演している。

宮川彬良の日程

30人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

京都コンサートホール

すみだトリフォニーホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宮川彬良のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/20 06:00更新)

宮川彬良について

宮川彬良の魅力とは

宮川彬良は東京都出身の作曲家・ピアニスト。顔の両側に一部だけ金髪に染めたボブカットと奇抜な出で立ちが特徴的だ。父の宮川 泰は30代の頃に1960年代のスターであるザ・ピーナッツの育ての親として注目され、さまざまなアーティストへ楽曲を提供。和製ポップスの開拓者として音楽界の歴史に足跡を残した。また、「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」の作品に関わった一人でもあり、告別式には「宇宙戦艦ヤマト」の曲が演奏された。

彬良は父が作曲・編曲に携わった「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集」の「白色彗星」をパイプオルガンにて演奏して以降、父に作曲を任されるようになる。「ヤマトよ永遠に」「宇宙戦艦ヤマトIII」「宇宙戦艦ヤマト 完結編」などを作曲した。

主な活動拠点は関西地区。1995年から大阪フィルハーモニー交響楽団「ポップスコンサート」の音楽監督を担当している。1998年からは心の復興を目的とした「アンサンブル・ベガ」を宝塚にて結成。8名で演奏しているのにオーケストラ並みの厚みあるサウンドを奏で、宮川がアレンジを加えたサウンドは聴きごたえ十分である。

宮川彬良が好きな方はこんなチケットもおすすめ