みうらじゅんは、多方面で活躍するイラストレーター。1958年2月生まれの京都府京都市出身であり、高校時代から絵描きを目指し、武蔵野美術大学に入学すると在学中に漫画家デビューを果たしている。1982年には、講談社の「週刊ヤングマガジン」のちばてつや賞で佳作を受賞しており、以降はエッセイなどの作家やミュージシャンとしても活躍する。1997年には新語・流行語大賞のトップテンに、自身の造語である「マイブーム」が選出され、現在も廃れることなく使用され続ける言葉として2008年に「広辞苑第六版」にも掲載されている。また、ゆるいマスコットキャラクターを略した「ゆるキャラ」も命名しており、扶桑社とみうらじゅんによって商標登録されている。

みうらじゅんの日程

90人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

みうらじゅんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/21 00:00更新)

みうらじゅんについて

みうらじゅんの魅力とは

みうらじゅんは、漫画家、エッセイスト、小説家、ミュージシャン、評論家、ライターとしても幅広く活躍するイラストレーターである。1980年に漫画家としてデビューを果たし、1980年代中盤からエッセイやイラストを執筆するようになる。1980年代後半からはテレビやラジオに出演し、早期から多彩な活動を始めている。

この頃からはミュージシャンとしても活動が増え、いとうせいこうや安斎肇と女装バンドを結成したり、俳優・田口トモロヲとのユニットであるブロンソンズを結成したり、再びいとうせいこうとThe Rock'n Roll Slidersを結成するなどしている。

2003年には、1992年に出版された自伝的コミック「アイデン&ティティ」が映画化された。田口トモロヲが映画監督に初挑戦し宮藤官九郎が脚本を担当したことで大きな注目を集めることになった。また「日本映画批評家大賞」では2004年度に功労賞を受賞し高い評価を得ている。

自身の造語がピックアップされることが多く、1997年には新語・流行語大賞のトップテンに「マイブーム」が選出されたほか、「ゆるキャラ」や「クソゲー」なども命名していることで知られている。これまで以上に今後の活躍が楽しみなアーティストだ。

みうらじゅんが好きな方はこんなチケットもおすすめ