三谷幸喜は東京都出身の演出家。今や知らない人のいない存在だ。独特なキャラクターが広く知られ親しまれている。大学在学中に劇団・東京サンシャインボーイズを結成。三谷が脚本、演出を務める同劇団は、チケットのとれない劇団として知られている。その後テレビドラマでは「やっぱり猫が好き」、「古畑任三郎」、「王様のレストラン」、「振り返れば奴がいる」、「オリエント急行殺人事件」、「真田丸」などヒット作を連発。「ラヂオの時間」を皮切りに映画界にも進出すると、こちらでもヒット作を生み出し日本を代表する演出家として知られるようになった。2017年には段田安則、優香らが出演する舞台「不信」を上演。三谷幸喜の勢いは止まらない。

三谷幸喜の日程

330人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

三谷幸喜の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

三谷幸喜のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/26 12:00更新)

三谷幸喜について

三谷幸喜の魅力とは

日本を代表する脚本家であり演出家である三谷幸喜。東京サンシャインボーイズを立ち上げた中心人物として知られており、この劇団のほかに「欽ドン!」や「お笑いマンガ道場」などの番組構成を手掛け、「サザエさん」の脚本も数本担当している。その後フジテレビ深夜の番組「やっぱり猫が好き」の脚本を担当。この独特の世界観を持ったゆるいドラマは大人気を博し、その後も特番が放送されている。

1994年には田村正和主演のミステリードラマ「古畑任三郎」の脚本を担当。「刑事コロンボ」のように先に犯人を視聴者に明かす倒叙ものとして人気を博し、三谷の名が一気に知られることとなった。このドラマには東京サンシャインボーイズの西村雅彦も出演しブレイクに一役買っている。

1997年には自身の舞台の映画化「ラヂオの時間」で映画監督デビューを果たす。その後も「みんなのいえ」、「THE 有頂天ホテル」、「ザ・マジックアワー」、「清須会議」などを発表しており全ての作品で脚本、監督を担当。これにより三谷幸喜は映画監督として認知されるようになり、日本映画界でもきってのヒットメーカーとなっている。

三谷はテレビドラマ、映画、舞台、アニメ、人形劇、コントなど非常に幅広い分野に多数の作品を残しており、その才能は各分野から高い評価を獲得している。

三谷幸喜が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す