「ミスペレグリンと奇妙なこどもたち」は、ランサム・リグズによるファンタジー小説「ハヤブサが守る家」を原作に、鬼才ティム・バートンが手がけた実写映画。ある日、ごく普通の少年ジェイクが、不思議な力を持つミス・ペレグリンと奇妙な子どもたちと出会う。そこで自らに宿ったある“力”に気づき、屋敷に迫る脅威に立ち向かっていくことで成長していく姿を描いたダーク・ファンタジーだ。主人公のジェイク役は「ヒューゴの不思議な発明」で知られるエイサ・バターフィールド。ミス・ペレグリン役は「007 カジノ・ロワイヤル」のエヴァ・グリーンが務めている。ファンの期待を裏切らないティム・バートンならではのファンタジーを見逃さないでほしい。

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちの日程

60人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 18:00更新)

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちについて

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちの魅力とは

「ミスペレグリンと奇妙なこどもたち」は、謎の島を訪れた少年ジェイクに降りかかる奇妙な出来事を描いたベストセラー小説を、ティム・バートン監督が実写映画化したダーク・ファンタジー作品だ。原作者ランサム・リグズのデビュー作となる小説「ハヤブサが守る家」は、ニューヨーク・タイムズ誌でベストセラーとなった名作である。ランサム・リグズが実際に集めた本物の写真を挿絵にしながら物語が展開していくユニークな手法が特徴となっているが、ティム・バートンがこれをどのように描くかが見どころだ。

あらすじを少しばかり説明するとこうだ。フロリダで生まれ育ったジェイクは、周囲になじめない孤独な少年だった。ある時、唯一の理解者だった祖父が謎の死を遂げる。祖父の遺言の通りに小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で謎の屋敷を発見する。そこでは、ミス・ペレグリンという女性とともに奇妙な能力を持った子どもたちが暮らしていた。少しずつ彼らと心を通わせてゆくジェイクであったが、ごく普通の自分がなぜこの屋敷に誘われたのかを考えるようになる。のちに自らに宿った“力”に気付き、彼らを守ることが運命だと知るのであった。

主人公のジェイクに抜擢されたのは、「ヒューゴの不思議な発明」で主演を務めたエイサ・バターフィールド。「007 カジノ・ロワイヤル」や「悪党に粛清を」などのエヴァ・グリーン、「パルプ・フィクション」のサミュエル・L・ジャクソンらが共演する。エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプなど豪華な顔ぶれが揃っている。日本中が大注目の本作。ご期待あれ。

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちが好きな方はこんなチケットもおすすめ