みのや雅彦は北海道出身、WESS RECORDSに所属するシンガーソングライターである。1981年、ラジオ番組に参加してることがきっかけとなり、シングル「白い嵐」でCBSソニーからデビューを果たす。1983年にリリースした「笑えないピエロ」はドラマの主題歌に抜擢され、オリコン68位とヒットを記録した。自身の趣味がプロレス観戦ということもあり、かねてから親交の深かった大仁田厚にも楽曲を提供。「夢しかなかった」はどん底にあった大仁田厚を励ます為に作られたとも言われている。みのや雅彦は自身で歌うだけでなく、これまでに様々な楽曲を多数のアーティストに提供しており、書籍の執筆などその活動は多岐に渡っている。

みのや雅彦の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

みのや雅彦の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

みのや雅彦のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

みのや雅彦について

みのや雅彦の魅力とは

北海道出身、WESS RECORDSに所属するシンガーソングライター、みのや雅彦。1981年、ラジオ番組に参加してることがきっかけとなり、シングル「白い嵐」でCBSソニーからデビューを果たす。1983年にリリースした「笑えないピエロ」はドラマの主題歌に抜擢され、オリコン68位とヒットを記録した。自身の趣味がプロレス観戦ということもあり、かねてから親交の深かった大仁田厚にも楽曲を提供。「夢しかなかった」はどん底にあった大仁田厚を励ます為に作られたとも言われている。大仁田はこの後、みのやの地元である北海道羽幌町で自身の創立したプロレス団体FMWの興行も開催。みのやはハヤブサの試合を観に行くなどプロレス関係の交友がかなり広い。

デビュー以来、地元北海道を活動の拠点としライブやイベントなど精力的に活動。地元のSTVラジオの深夜番組「アタックヤング」への出演やKBS京都「ハイヤングKYOTO」でパーソナリティーも務めている。「アタックヤング」のパーソナリティーで落語家の桂 竹丸とコラボ演芸会なども開催。もちろん道内以外でも活動しており、東京では渋谷、四谷、高円寺、関西でもマンスリーライブなどを実施している。自身で歌うだけでなく、これまでに様々な楽曲をアーティストの提供しており、書籍の執筆などその活動は多岐に渡っている。

みのや雅彦が好きな方はこんなチケットもおすすめ