劇団民藝 仕事クラブの女優たち取扱中!劇団民藝とは1950年に作られ「民衆のため」を大きなテーマに毎年多数の公演を行う劇団である。記念すべき第1回目公演はアントン・チェーホフによる戯曲「かもめ」。以降「アンネの日記」「イルクーツク物語」など歴史的な作品をいくつも手掛け、王道さと斬新さで高い評価を獲得している。創作劇から戯曲まで幅広く公演、名だたる演出家が製作に携わり次々と意欲的な作品を発表し続けている。本劇団の後援会「民藝の仲間」は全国各地へと広がっており、約5000人という数のファンにより支えられてきた。演劇界の若手からベテランまで多数の役者を輩出し、50年以上が経つ今だからこそさらなる勢いを高めていく。舞台上で見せるリアルな情景、そして高い演技力を発揮する役者そして脚本、全てが1つとなり最高峰の舞台が完成する。

劇団民藝 仕事クラブの女優たち

8人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

劇団民藝の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

劇団民藝のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 18:00更新)

劇団民藝について

劇団民藝の魅力とは

劇団民藝とは1950年に役者や演出家により設立され以降国内、海外作品問わず数々の名作を作り出してきた劇団。滝沢修、宇野重吉、清水将夫、岡倉士朗の4人により作られ、それぞれが第一線で活躍する姿を見せている。劇団としてその実力を全国に広めることになるのは1951年に公演された「炎の人-ヴァン・ゴッホの生涯-」であり、本作で主演を務めた滝沢修は毎日芸術賞を受賞するなど役者としての功績も残している。1950年代に公演された舞台はいずれも高い評価を獲得しており、1960年に入っても「どん底」「火山灰地」「オットーと呼ばれる日本人」と次々と名作を世に送り出してきた。公演の度に賞を受賞し、これまでに数々の賞を受賞してきた。舞台の上にリアルな世界を作り出すことに定評があり、その時その瞬間を小道具やセットも含め見事に再現している。役者の演技力の高さも相まって迫力あり繊細な舞台が出来上がる。作り込まれた舞台へ足を運ぶ観客は年齢層が高くなりがちだが、毎年11月の文化の日には「劇団民藝のおはなし会」と銘打った子供向けのイベントも企画しており、大人も子供も楽しめる劇団となりより幅広い層へと訴えかけることが可能となっている。

劇団民藝が好きな方はこんなチケットもおすすめ