ミモザの島に消えた母」はタチアナ・ド・ロネの小説が原作のフランス映画である。タチアナ・ド・ロネは2006年に「サラの鍵」を出版し、2010年にフランスで映画化もされている人気作家である。「ミモザの島」と呼ばれるフランス大西洋にある島。30年前、この島の海で主人公アントワンの母親が謎の死を遂げていた。しかし家族に母の死について尋ねても誰も答えようとしない。母の死の真相を突き止めるべく島を訪れるアントワン。しかしここで出会ったのは自分の知らない母の顔であった。「ミモザの島に消えた母」はキャスト、スタッフも実力派。ローラン・ラフィット、メラニー・ロラン、オドレイ・ダナらフランスの名優が出演。メガホンを取ったのはフランソワ・ファヴラ、そして撮影にロラン・ブリュネを迎えている。

ミモザの島に消えた母の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

映画「ミモザの島に消えた母」について

映画「ミモザの島に消えた母」とは

「サラの鍵」で知られる人気小説家、タチアナ・ド・ロネの小説が原作のフランス映画「ミモザの島に消えた母」。
この「ミモザの島」とはフランス大西洋にある島。30年前、この島の海で主人公アントワンの母親が謎の死を遂げていた。しかし家族に母の死について尋ねても誰も答えようとしない。真相を突き止めるべく島を訪れるアントワン。しかしここで出会ったのは自分の知らない母の顔であった。

アントワン役には「ムード・インディゴ うたかたの日々」などで知られ、フランス政府より芸術文学勲爵士を授与されているローラン・ラフィット。その妹役には「イングロリアス・バスターズ」や「複製された男」などで知られ、近年はその作品の選眼も評価されるメラニー・ロラン。
監督は2001年に「MON MEILLEUR AMOUR」でデビューし数々の賞を獲得、長編デビューとなる「彼女の人生の役割」では70万人以上を動員し高い評価を受けたフランソワ・ファヴラが務めている。

「もし、語られてきた家族史がすべて偽りだとしたら?」こんな衝撃的なキャッチが胸を打つ「ミモザの島に消えた母」。
実力派のキャスト。スタッフで綴られるストーリーに注目が集まっている。

ミモザの島に消えた母が好きな方はこんなチケットもおすすめ